アレルギー対策あれこれ

140625-2.jpg
幼稚園に入園して一番苦労している点は、やっぱり肌トラブル(アレルギーについてはこちらの記事)。
ならしの午前保育だった頃は、さほど目立った様子もなく、たまに粉が吹いているな〜程度でした。
通常保育になった途端、お腹の部分が常時鮫肌になり、夕方にはアレルギー反応と思わしき湿疹・粉吹きを確認。
目の周りが微妙に赤く粉吹くこともあったり、ヒドイ時は首の後ろの筋の部分をかきむしって血がにじんでいることも。

湿疹が強く現れる時は”体操着に着替える”がある時と判明。

現在は戦闘モノごっこも流行り、着替えながらもお友達とチャンバラごっこをすることも多く、さすがにそれを止めて着替え優先にさせるのも園では限界がある(一人で着替え、手を出さない)とのことで、それはごもっともだと思うので色々考えた結果、

140625-3.jpg
我が家では小児科の先生と相談して、現在保湿用にビーソフテン、保護用にプロペトを処方してもらっています。
症状悪化に伴い、このプロペトを少々多めに処方してもらい、朝の出かける前と昼ご飯前後に先生に塗りなおししてもらうことにしました。

これのチューブ版を処方してもらったのですが、1ヶ月に1〜2本消費するくらい大量に使っています。
しかも、このワセリンのよいところは目に入っても大丈夫なので、安心して顔にも塗れるんですよね。

朝と昼の2回で使い始めて1ヶ月弱、常時出ている足などは保護できないときもありますが、だいぶ落ち着いてきましたハート

ちなみにこのビーソフテンの使い方ですが、アレルギー症状が出たり、汗疹などの湿疹が出た場合などステロイドを塗るとき、肌が乾燥しがちなので、手作り保湿クリームではなく、こちらのクリームを使うようにしています。

なるべく肌に負担をかけたくなくて、普段は手作りクリームですが、湿疹などのかゆみを伴うものは”早く効く”の優先順位を先にするようにしています。




140625.jpg
そんな対策で落ち着いてはきたものの、アレルギーとは思えない粉吹きやなんとなくガサつくお肌な状態をキープ。
うーーん、なんでだろう?っと日々の生活を振り返ってみる。
もしかして・・・と思うのが乳製品の摂取ひらめき

最近では牛乳の摂取で肌コンディションが悪くなる、アトピーが悪化するなどの報告もありますよね。
うちは怪獣くんの肌荒れが気になるので、飲ませることをさせたこともないし(もともと貧血もちだったので、一時期は牛乳摂取は医者からもNG指示も出ていた)、牛乳を使うようなお料理などは豆乳に置き換えたりしていたのですが、この頃暑さも増してで幼稚園から帰ってきたあと必ずバニラアイスを食べるようになったので、もしかしてそれも原因の一つかもと。

ってことでここ一週間は実験的にやめさせてみたら、粉吹きが治まりました。
(※あくまで私の個人的な解釈であり、わが子には合わないだけで牛乳が悪だというわけではありません。)
なので、肌コンディションが落ち着くまではなるべく控えさせることにしました。

食べず嫌い王だから、じゃーバニラアイスやめてシャーベットね〜なんて言っても食べてくれないので、代わりに温室みかん(6個で500円とか!)とか用意してみたり。
豆乳アイス、作ってみようかなぁ・・・おいしいのかなぁ。

ちなみに今まで食パンにチーズが朝ごはんでしたが、ある時から豆乳カスタードというのを作ってあげたらお気に入りで毎日ソレ食べてます。

+++++++++++++++
●卵1個
●コンスターチ大匙1
●砂糖大匙4(メープルシロップでも可能、うちはてんさい糖で作ってます)
■豆乳150ml(生クリーム抜きで豆乳200mlでも可)
■豆乳生クリーム50ml

まず、●をよーく混ぜて、■を加えてさらに混ぜます。
電子レンジで2分チン、よく混ぜます。
電子レンジで1分半チンして、冷まして完成!

すっごい簡単なので、お試しあれですよ!
よくお友達にレシピ聞かれるので参考までに載せてみました。


豆乳マヨネーズで痛い目みたことがあって、豆乳生クリームを警戒してたんだけど、コレ美味しいね!
ただ添加物の量もバリバリだし、どっちが健康に良いんだろうと思ってしまうけど(笑)

これでアレルギー関係も少し落ち着いてくれるといいなー。
今後汗疹も気にしなきゃいけない季節だし、無事に綺麗なお肌をキープできるように引き続き警戒態勢。
それにしても、幼稚園の担任の先生が本当に親身になって対応してくれて本当に助かる。
先生によって対応もさまざまらしいので、恵まれた環境で本当によかったにた

同じクラスのママさんたちの理解と協力もありがたい。
アレルギーは親一人が頑張ったところで限界があるので、さりげない支えがすごくありがたかったりする。
先生とそのクラスのママさんたちのおかげで一年はストレスなく過ごせそうです。
アレルギーのこと | comments(0) | trackbacks(0)

続・石鹸洗濯 太陽のありがたさを痛感

130702.jpg

おむつをお鍋でグツグツグツ。

梅雨、ようやく明けそうですねー!
実は我が家、5月から外壁にガバっとカバーをかけての外壁工事中でした。
そのため、外に洗濯物が干せなくなり、太陽の恩恵を全く受けられなかったのと、梅雨の梅雨らしいジメジメした空気の室内干し(ときどきエアコンドライと洗濯乾燥機に頼ることも有り)のおかげで、なんとなんとタオルがピンク、おむつがまっ黄色に


130702-2.jpg

ピンクに変色したタオル。

要するに、太陽での殺菌効果を得られない&じめじめのおかげですっかりカビさんの餌食に。
合成洗剤だと起こりにくい現象らしいので石鹸洗濯の弱点ですね。

んで、タオルはあんまりにも・・・なのは残念ながら破棄処分することにしまして、その他のものは色々調べまして。
酵素系漂白剤を使った煮沸消毒』というものにチャレンジすることにしました。


物は色々あるけど、こんなようなやつね。

ロタのときに、子供服は煮沸消毒してたんですけど、今回は熱湯で煮るではなく、40℃程度のお湯+酵素系漂白剤で。
石鹸百科:pHと過炭酸ナトリウム(酵素系漂白剤)の漂白効果を参考にしてみました。

それでも頑固なカビが綺麗に取り切れてなかったので、20分漬け込み後さらに粉石鹸を投入し沸騰消毒。
んで、そのまま洗濯機に持っていき、真水で洗濯7分すすぎ3回かけてみました。


130702-3.jpg

おかげさまで、新品!とまではいかなかったけど真っ白になりましたー!
酵素系漂白剤を結構な量つかったし、すすぎ残しとかで肌荒れ心配したけど全く問題なしでした。

工事も順調に進み、ようやく外に洗濯物を干せるようになったので、今後はこういったことであまり悩まされることはなさそうだけど、逆にこういうことがあったので極論のお勉強になってよかったのかも?
(・・・まぁタオルは何枚か可哀想な運命を迎えたけども)

乳幼児の洋服の黄ばみの漂白にも向いてるらしいので、怪獣くんの乳児のときの肌着とかも、この方法で全部煮沸しようかな♪

それにしても・・・つくづく太陽さんってありがたいんだなーって思う出来事でした。
アレルギーのこと | comments(2) | trackbacks(0)

肌が荒れやすい我が子の天然オイルの日焼け止め

130618.jpg

梅雨の合間の曇り模様。
久しぶりに朝から早々にはりきって公園に繰り出す!!いくぞー!!
そしたら・・・15分で
『かェル。(最近覚えた、ママ以外には通じない若干宇宙語ワード)』
と言い出す怪獣くんでした。

ベビーカーに乗って10分後には寝落ち。
曇りの湿気がいい感じに眠気を誘ったようで。
はりきって用意したおにぎりとかは、お昼寝明けに普通におうちで食べようね(笑)





130618-3.jpg

日焼け止め用オイル『レッドラズベリーシードオイル』

みなさんはどんな日焼け止め使ってますか?
最近は紫外線の関係から、子供も必ず日焼け止めを〜なんて小児科の先生にも言われるので、色々市販の日焼け止めを試してみたのですが、結構お高めなオーガニック素材のなど使うこと数種類、絶対日焼け止めが原因!って確定はできないんだけど、どうにも日焼け止めを使い始める時期だけ赤いブツブツとかサメ肌とかになる箇所が出てくるので、多分合ってないんだろうな〜っと、去年の夏の途中から手作りするようにしました。

去年作ってたのはシアバターをメインに日焼け止めの効果のあるパウダーを入れて作っていたのだけど、何種類か混ぜるのに消費期限が2週間以内と短かったり、冷蔵庫で保管な感じだったので、乳化剤を入れない&冷やすので塗るとき若干硬くて手間だったりで意外と面倒だったので、今年はどうしよっかな〜と。

で、去年から気になっていた天然そのままの成分でSPF50相当と言われているラズベリーシードオイルという物を使ってみることにしました。
ただ、天然といえど、むしろ天然だからこそ成分が直だから強いっていうのもあり、1歳児にはどお?と思っていて去年は敬遠したので、今年はまずは足だけっと5月の陽射しの強い日にお試しで塗ってみた結果、トラブル無し!

こんな簡単なことは無い(笑)ので、今年はコレ一本で乗りきろうかと思っています。

使い心地ですが、塗ったときは「ブルーベリーチョコレート」みたいな香りがして妊婦の食欲を刺激(笑)
オイルなのでつけた時は多少ベタつきますが、1部位に対して1,2滴程度を薄く伸ばして使用するため乾いてしまえば気になることは全然ありません。

気になる効果のほどですが、毎年ガッツリ日焼け止め対策をしていないので比べようがないのですが(自分も含め・笑)、陽射しが強い日は1日中外にいる機会も多かった5月を送ってみて、若干サンダル焼けや半袖焼けがうっすらしてる程度といった具合でしょうか。

完全に美白を意識してる人にはムリかもしれないけど、私的には十分な効果かなーっと思っています。
ちょっと気になっていた人には結構おすすめですよ〜♪


ちなみにカフェドサボンさんは毎月10日にオイルがALL10%OFFになります♪






130618-2.jpg

キャンディーハンドソープ?(笑)


どうでもいい話題ですが、我が家の洗面台にある手洗い用石鹸です。
石鹸を使い慣れてない人も多いんですが、泡立てて使用してもらいたいのでネットを添えてたんだけど、そうするよりは入れ込んじゃったほうがいいか〜と思って若干可愛らしくしてみたらお客様に意外と大好評です。

お風呂で使えなくなった小さくなった石鹸とかもごちゃ混ぜにして丸めたりして使っていたので、こうすることによってなんとなくそういった汚いカラーもカバーできるという(笑)
ハンドソープも石鹸を使っているよ〜って方に、おすすめです♪
アレルギーのこと | comments(6) | trackbacks(0)

色々見直し中の石鹸生活

130612.jpg

泡でぶくぶく洗いましょー!

ご存知の通り、怪獣くんは化学物質過敏症です。
怪獣くんの化学物質過敏症(皮膚炎)の対策。】記事でご紹介しているような対策をしています。

んでもって、やはり基本対策となるのが、直接肌に触れる衣類お風呂用石鹸手洗い石鹸

我が家では、最初さらさを使用していて、それでもアレルギーが出るので、アトピー持ちの子供を持つお友達に教えてもらった”ミヨシの液体石鹸洗剤(無香料)”を使っていたのですが、アレルギーこそ出ないものの、段々と遊び方も激しくなっていき、土汚れが目立つようになってくると、その洗浄力にうーんと思う機会が増えてきました。

それと、やはり直接肌に触れる物なので、家族全員変更にしたんですけど、オットのYシャツの襟袖汚れは最初に部分洗いしてからじゃないと落ちていないこともあって、石鹸生活ならこちらにお任せの『石鹸百科』を舐めるように見直して、重い腰を上げ、粉石鹸に変更することにしました。

要するに液体石鹸で洗濯する場合、今の使用容量の3倍以上の量を使って洗濯しないと落ちない模様。
液体石鹸って意外とお高いので、家計的にもよろしくない。
ただ、粉石鹸を使用する場合は、ちょっとした手間がかかるので前に見てたときに躊躇しちゃってたんだよね。



ネットなら色々入手できる粉石鹸洗剤ですが、やっぱりお手軽にとか考えて巷で買えるミヨシにしました。
まぁ、まずは物は試しということで、始めてみました。

洗濯の仕方は、ぐぐればいっぱい出てくると思うけど、簡単に言うと、

【最低水位の水で石鹸を泡立てる→洗濯物の量より若干多めの水を貯める→洗濯物を投入
→洗っている最中泡が消えたら液体洗剤を加える】


て感じで、全自動洗濯機なのに全自動できないという面倒さ。
まぁ洗いの部分だけちょっとした手間がかかるだけで、後は放置でいいんですけど。

一度洗いが終わってから柔軟剤を加える方のほうが多いみたいだけど、私はすすぎの段階で投入してます。
(柔軟剤=クエン酸+水+グリセリンの手作り柔軟剤のこと)

始めてから半年以上経過しましたが、意外なことに継続できちゃってます。
んまー、可愛い我が子のアレルギー対策なので、愛が成せる技なのかな(笑)

石鹸洗濯で気になるのが、洗濯槽がカビやすいということ。
・・・だったんですが、よくよく石鹸洗濯マニュアルを読んでいると”正しい洗濯方法を取っていれば、カビが発生することはなく、もしもカビが発生したのなら洗濯方法を見直すべき”と書いてあり、結果2,3ヶ月に1回程度洗濯槽のクリーニングを行うのですが、洗剤洗濯の時にはたんまり出てきた汚れですら全く出てこない!
(ちなみに液体石鹸を使用しているときは、ぴろぴろワカメは大量に発生してたので使い方間違えてたらしい)

正しい洗濯方法って、単に洗うときにきちんと泡だっていればいいってだけなんだけどね(笑)

ちなみに、液体→粉に変えたとき、ほんとに全く泡立たず、通常の使用量と書かれている量の2倍近くは消費していたので、最初の1ヶ月強くらいは洗剤代が痛かった・・・。
どんだけ衣類に残留洗剤があったのかと思う。
これで、怪獣くんにアレルギーを起こす物質は、我が家からはほぼ消えたかな〜。

------------------------------
【クエン酸柔軟剤レシピ】1回の使用容量は小匙2程度
水:500ml
クエン酸:大匙7
グリセリン:大匙1(冬は2)
(お好みの精油:10〜20滴)
------------------------------

私の柔軟剤はこんな感じにしました。
妊娠してから匂いに敏感になりすぎている節があるので、今のところ無香料にしています。
出産後にもしかしたら香り付きにするかもしれませんが。


それと!もういっちょ見直した部分。

130612-2.jpg


布おむつを扱うようになってから、アンモニアのせいなのか何なのか手荒れが悪化。
その後、キッチンソープなるものを手作りし、食器洗いにも石鹸を使うようにし始めたのですが、色々改良を重ねケースの中で石鹸を固めて作るようにして、コーヒーのインフューズドオイルからハーブのミントにして除菌・消臭を狙った石鹸に変更しました。
ココナッツオイルを30%も使って泡立ちをよくしたので若干手荒れに繋がるんですが、普通の洗剤だと1日使用しただけで今の時期だろうと一気に荒れてしまう私の手も、この石鹸なら大丈夫^^v

ミントの香りも十分残っているので効能もバッチリ残っているはず(なにせ素人仕事なもので・笑)。
色も綺麗な緑になって、見た目も爽やか♪

手作りってこうやって自分用にカスタマイズできるのが良いですよね。
アクリルたわしとの相性も抜群で、ケースの中でこすりながら泡立てるので、スポンジよりやりやすいです。
アクリルたわしにしてから、ガラスのコップ、湯のみなど一回も漂白してないのに茶渋ゼロ。
しかも丈夫で長持ちだし、洗濯しやすく乾かしやすく、ほんとコレ作ってよかったわ〜。

キッチンソープの役割とは別に、ハンドソープも兼ねています。

130612-3.jpg

なので、こんな型抜きで遊んでみたりして(笑)
姪っ子には好評で!やっぱこういう時女の子は反応がいいよね!


そんな感じでちょこっと変化があった石鹸ライフのご紹介でした。
アレルギーのこと | comments(8) | trackbacks(0)

怪獣くんの化学物質過敏症(皮膚炎)の対策。

130124-3.jpg


前回の記事でお話したとおり、怪獣くんは洗剤などの化学物質に肌が反応してしまうアレルギー持ちです。

少し触れた程度くらいならほとんど問題ないのですが、
洗剤で掃除した場所に長時間いる(たとえば児童館、キッズの室内遊び施設など)と、
足が少し腫れたようにふくらみ、瞼が赤くなって粉を吹いたようになり目がしぱしぱしてきます。

また、その場で症状が出なくても、帰宅後30分後や眠くなって温度が高くなった状態になってからなど、
後付で、顔・足・脚・手・首などに蕁麻疹が現れることもあります。

あと、鼻水が出たり、泣いてしまって顔がぐちゃぐちゃになったりして、
親切心でタオルなどで顔を拭いてくださる方とかがいた場合、
その後すぐに顔に真っ赤な湿疹が出てしまうことも・・・。
そういう方はしょっちゅうそういう対応をしているので、行動に移すまでも素早くて、
静止できる時間もなく、断りづらくもあり、すごく困ってしまう(涙)

蕁麻疹のような湿疹が一度出てしまうと、痒みを伴うため掻いてしまい、
その手で全身を触れるせいか、全身に広がってしまうこともしばしば。

できるだけ、痒みを伴う蕁麻疹になることだけは避けたいので、我が家では下記の対処法をしています。


<<対処法>>
【基本】
・洗濯洗剤を石鹸洗剤とアルカリウォッシュに変える(現在はミヨシの洗濯石鹸・無香料を使用)
・ボディーソープ、シャンプーを手作り石鹸に変える。
・掃除用の洗剤を重曹・アルカリウォッシュ・クエン酸・水拭きアクリルたわしに変える。
・ファブリーズなどの除菌スプレーを手作りアルコールスプレー・ローズマリー消臭スプレーに変える。
・お風呂の温度は冬39度、夏38度まで(熱過ぎると乾燥を助長するので、望ましくない)
・お風呂あがりは化粧水+保湿剤(乳化剤抜きの手作り)を塗り、保湿を心がける。
・外出前も、シアバター入りの保湿剤を保護の役目で塗る

【外出編】
・手洗いが必要な場合は、水で洗い流しアルコール消毒する(ハンドソープは使わない)
・靴下を脱ぐような施設では、再度靴下を履く前にウェットティッシュなどで拭いてから履かせる
・ハンドタオルを多めに持参し、誰かに拭かれてしまう事態をなるべく防ぐため、
 どんだけ綺麗好き?と思われてもいいから鼻水がひどいときなどは特にコマめに拭く
・小児科で出してもらってる、アレルギーが出たときようのステロイド剤は忘れずに持参。
・長時間滞在が決まっているときなどは、ひざ掛け持参(とっさの毛布代わりにもなるので)
・室内施設で遊ぶ場合は、なるべく袖口・足首が締まっている洋服を着させる。

【旅行編】
シーツと上布団(毛布など)を持参。
バスタオル・ハンドタオルなどを持参。
足首・袖口・なるべく襟元が締まっている寝巻きを着させる。
添い寝する親のパジャマも持参(前回忘れて、すごい寒いのに肌着で寝るハメになった・涙)

【外出から帰宅編】
・とりあえず、すぐに濡れたタオルで出ていた箇所を拭く
・帰宅した頃合が蕁麻疹の出る時間帯でもあるので、万が一出ている場合はステロイド剤を該当箇所に塗る
・その日は必ずお風呂で念入りに洗い流す

130126.jpg

これは児童館に行った時の格好ですが、なるべくタイツやこういった足首が締まっている物を選んでいます。
男の子なので、タイツ+かぼちゃパンツみたいな格好は、段々できなくなってくると思いますが(笑)
この格好をするようになってから、毎回ふくらはぎにできていたガサガサがなくなりました。

基本は、なるべく化学物質から避けるために、保湿剤なども全て手作りで用意して対処しています。
(乳化剤にあたってしまうことがあるので)
今まで、そういう物にあたる人がいなかったので全く意識して過ごしていなかったので、
怪獣くんが過敏症だと知ったあとでもファブリーズを多様していたりと結構失敗しています。
ファブリーズをやめることによって、今まで背中やお尻に吹いていた粉がなくなったので、
我が家の化学物質系はほぼ排除できたのではないかと思っています。

ただし、トイレブラシと、トイレクイックルの1回で使い捨てできる掃除グッズの使用だけは
どうしても他のものの代用が見つからないので、現在はまだそれを使用しています。
本格的にトイレに行き始めるにはまだかかると思うので、それまでには対処法を考えなくては。
やはりトイレは毎日掃除したいし、気分的に雑巾を洗って毎日使うのはいやだなぁと思ってしまう。


こんなに変えなくちゃいけなくて大変だ!っと思う人もいるかもしれませんが、
なんとなく気づいてから1年半かけて徐々に以降してきたので、実は全然苦労していません。
まぁ、何度も痒い思いをさせてしまったので、その辺は反省ですが。

「そんなに過敏にならなくても・・・免疫作りのためにも少しは・・・?」と思うかもしれませんが、
時に自分も気を抜いて、ほんとちょっとだけ触れてしまった・・・といったあとに、
手の甲にブツブツと赤い蕁麻疹ができ、それを掻いてしまったために顔と首に移り、
と、散々な目にあったことも少なくありません。
つい2週間程度前のことだったので、過敏になりすぎていても、
このご時勢ですので触れる機会はいっぱいあるので、
本当にちょっとずつ免疫を作っていける程度で今はいいかなって思っています。
最近開始された、食べ物アレルギーの、毒を盛って毒を制すと同じ方法だよね。


自分も、我が子も、怪獣くんと同じ症状かも・・・もしかしたら?と思ったら、
ボディーソープを石鹸に、お風呂の温度を39度以下に、だけでも変えてみることをおすすめします。
乾燥肌がひどい人も、これだけ変えると症状が軽くなったりもしますよ♪


過去記事抜粋
初の石鹸作り:怪獣くんに触れる親だって石鹸に変えなくちゃね。
人参石鹸と椿油のシャンプーバー:ついにはシャンプーもやめて石鹸に切り替えました。
新作石鹸4種:台所用の洗剤も石鹸に切替ました。

おヒザ寝子(ネコ)のお相手中にアクリルたわし:フローリングワイパーをやめてアクリルたわしに変更。
敏感肌な我が子の保湿アイテム:手作り化粧水と保湿クリーム。外出前の保護クリームとしても使用。
手作り掃除用スプレー・殺菌&消臭スプレー:合成洗剤ゼロの生活を目指して、掃除関連のスプレーも自作で。

過去記事によくでてくるお友達のショップのご紹介。
お友達の石鹸屋さんのご紹介
怪獣くんは私の手作りコスメのほかに、サヴォナリーミカの手作り石鹸&コスメを使用しています。
こちらの石鹸を使い始めてから、まず乾燥肌が激的に改善しました。
残念ながら(?)フランスが拠点なので、即納などの要望には応えられないですが、
ひとつひとつしっかり丁寧に作られていて、納得いく素材しか使用していないので、
怪獣くんのような過敏な肌をもつ人には、安心して使える数少ないショップです。

怪獣くんの使用アイテム:
Savon'd Alice(サヴォン・ダリス):ベビーソープ
Crème Hydratante Bio:カモミールの保湿クリーム

カモミールの保湿クリームを使用している際は、化粧水の使用はしていません。
ちょっとした炎症程度ならこれを塗れば完治します♪
アレルギーのこと | comments(0) | trackbacks(0)

怪獣くんの化学物質過敏症(皮膚炎)とは。

130124.jpg


ブログでも何度も記事にしている通り、怪獣くんは”化学物質”に対して肌が過敏な反応を起こす、
所謂、化学物質過敏症(皮膚のみの化学物質アレルギー)です。

最近ブログを始め、児童館で知り合ったお友達やそのまたお友達などで
「うちの子も・・・」や「もしかして私も・・・」など相談される機会が増えてきました。

怪獣くんの場合「どうして化学物質に関してアレルギーがあると分かったのか?」とか、
「どういった対策をしているのか?」などなど、大体同じ事を聞かれるので、
一度、自分で整理する意味も含めてまとめてみたいと思います。


130124-2.jpg


●気づいたきっかけ:実家に帰る度に湿疹がでる(滞在中or帰宅後すぐ)
里帰り出産で、生後1ヶ月フルにいたときは、乳児発疹は出たものの、疑わしい湿疹は出ず、
ようやく自分でずりハイを始めた頃から湿疹がでるように。
また、つかまり立ち、つたい歩きなどもっと動くようになってからは、自宅でも出るようになり、
実家に至っては、より一層ヒドイ症状になりました。
湿疹はでないものの、鮫肌のようにガサついた状態になっていたりすることも。
また、特定の施設を利用し帰ってくるたびに目元が赤くなったり、足がガサガサになったりも。

●気づいたきっかけ2:幸運なことに、ブログ友達が手作り石鹸屋さんだった
湿疹と乾燥肌がひどく、すぐに肌が荒れていたところに偶然知り合った石鹸屋の友達。
肌荒れ=石鹸が良いと全く知らない無知な私。
とりあえずそれまでは片手で全てをまかなえるようにとベビー用の泡立つボディーソープを使用していました。
頂いた石鹸を使った途端に、肌から吹いていた粉がウソみたいに大幅に減少。



●結論
そんな二つの事柄が重なり、実家で怪獣くんが使う布団、タオル、など肌に触れるものと、
畳みなどの掃除を徹底的に行ったら、湿疹の症状が軽くなりました。
最初は犬アレルギーを疑い、簡単な血液検査をしてみる。
(犬、ぶた草、ハウスダスト、花粉症などのアレルギーとして出やすいものは全て陰性)

よくよく観察してみた結果、
・自宅で洗剤を使用して掃除しているような場所で遊ぶ。、
・強めの洗剤やら柔軟剤やらで洗濯しているような方に抱っこされる。、
・子供用室内施設で定期的に洗剤などを使用して綺麗に掃除されているような場所に行く。
・洗剤(さらさ程度なら平気なときも)を使ったタオルで身体を拭く、部分的に口の周りだけ拭く。
・洗剤で洗った布団で寝る。
・ファブリーズを使った畳で遊ぶ。

その後で必ず、(大体症状は、その施設なり行動なりをしてから30分〜3時間後の後付で出る)
・瞼が少し腫れぼったくなって赤くなる。
・ふくらはぎやヒザ裏などがガサガサになる。
・首の後ろ・耳の後ろ・顔に湿疹が出る。
・ひどい場合は、全身に湿疹が出て真っ赤になり眠れないほど痒くなる。

上記と関係なく、
・常時鮫肌のような部位がある(お腹・背中・胸の一部)。

ひどい湿疹で、「これは大変!明日医者に連れて行こう。」と思って一日経つと治っていたのに、
実家に長期滞在していた時は全く治らずに悪化の一途を辿ったのが決定打でした。

ネットで突き詰めて調べ、小児科の先生に相談したところ
先生が今まで診た患者の中で一人もそういった症状を訴える人はいなかったとのこと。
ただ、そこまでだと、化学物質アレルギーor合成界面活性剤アレルギーが疑わしく、
これは幅が広すぎるので断定が難しいものだから、確定はできないけど、確定と言ってもいいそう。

とりあえず触れると症状が出る場合に備えて弱ステロイド剤を常備しておき、
症状が出てないor軽度の場合は使用せず、洗い流す&保湿剤で様子を見てからにするといった対策に。


とまぁ、怪獣くんの化学物質過敏症(化学物質アレルギー)に気づくきっかけはこんな感じでした。
ここではアッサリと書いていますが、今までブログを見てくれていた奇特な方なら分かると思いますが、
1年半程度かけて徐々に徐々に原因を絞って突き詰めて今に至っています。

この徐々にのおかげなのか、ブログのコメントやお友達などから色々情報を得て、
大分症状が緩和し、お肌の状態もよくなってきました。

今日はエネルギー切れなので(笑)、
次記事で怪獣くんに今している肌対策について書きたいと思います。
アレルギーのこと | comments(0) | trackbacks(0)

手作り掃除用スプレー・殺菌&消臭スプレー:合成洗剤ゼロの生活を目指して。

130121.jpg

児童館にて。
怪獣くん:「ママー、お腹空いたから帰ろうよ〜。」
用事が無い限り、私の存在すら忘れる癖に、用ができた途端「ママ」と騒ぐ人。


年末にロタウィルスにかかり、そこで先生に
「怪獣くんは化学物質にアレルギーあるからファブリーズなんて使ってないよね。」
と、言われたことをきっかけに、いかに自分が身の回りにある合成洗剤を無認知していたかに気づき、
年末の大掃除で徹底的に『脱・化学物質』になるように頑張りました。

掃除効果はてきめんで、お尻や背中に吹いてた粉が全くなくなりました。
元々弱アトピー体質だし、乾燥肌なので、ただの乾燥から来るものとばかり思っていたら、
化学物質アレルギーによるアレルギー反応だったようです。


掃除に活躍したのはもちろんコレ。

130121-3.jpg

アルカリウォッシュスプレー&クエン酸スプレー


アルカリウォッシュと重曹のスプレー、微妙なphの違いでどう違うのかを検索した結果、
アルカリウォッシュは重曹よりアルカリ度が若干高いので長時間使うと手が荒れる心配もあるけど、
白い粉が残らないとのことだったので、スプレーはアルカリウォッシュで作ることにしました。

・アルカリウォッシュスプレー:食器洗い(油物の皿の下洗い)、キッチン周り(壁とか)、絨毯など
・クエン酸スプレー:主に床(畳、フローリング)、トイレ、お風呂、水周り
・重曹:油汚れのひどいコンロなどの研磨剤代わりなど

プラス、忘れちゃいけないアクリルたわしで、掃除しました。
畳はおもちゃ部屋になっていて、排泄の粗相も多く、ファブ何回かけたか分からないお部屋だったので、
アクリルたわしを固く絞った水拭き3回、クエン酸スプレーしながら1回、アルコール除菌1回で仕上げ。

おかげでほぼ化学物質がゼロのおうちになったんじゃないかな〜っと思います。
ただ、漂白の次亜塩素酸は替わりになるものが煮沸しかないので、これは外せないなぁと思ってます。



そして、一回間違った情報とともに記事にしてしまった殺菌スプレーについてですが
ロタと関係なくていいからファブリーズの代替品ということで教えて欲しいとメールを何件かいただいたので、
もうちょっとちゃんと調べて(笑)、若干配合をいじったのをご紹介。

130121-2.jpg

左:ローズマリーの消臭スプレー 右:殺菌スプレー


------------------------------

<<超簡単殺菌スプレーの作り方(100cc)>>
用意するもの
・無水エタノール(薬局で買えます):70cc
・精製水:30cc
・ラベンダー、ティーツリーなどの精油:3,4滴

エタノール100%のものを菌に吹きかけた場合、揮発性が高く浸透しないまま表面のみしか行き渡らず
効果が上手く発揮できないため、精製水を加えることにより中まで浸透する効果が得られるようです。
色々な検証結果を調べてみましたが、濃度は70%くらいが適当なようです。
精油(アロマオイル)は、抗菌(静菌)効果狙いです。
そのため、不純物の多い精油だと効果は発揮しません。
(まがい物の精油が多く出回ってるので注意が必要です)

------------------------------

日常では、排泄の失敗や、インフルエンザ予防でドアノブなどの殺菌に使用しています。
ただ、どこかしこも殺菌しても・・・ですし、でも匂いがなぁ〜・・・って時ありますよね。

怪獣くんは毎日おねしょするので、布団やらに特に被害はなく匂いもないのに、
なぜか部屋はどんよりしてるし変な匂いがする気がする・・・。
そんな時用で、消臭だけしてくれて、すがすがしい朝の気分になれる消臭スプレーも作ってみました♪


------------------------------

<<ローズマリーの消臭スプレーの作り方>>
1回の量150cc
精製水:200cc(水道水でも可、でもできたら精製水)
ドライハーブ:大匙4,5杯

○精製水をぐらぐら沸騰させます。
○ハーブを入れます。
○再度沸騰したら1-2分そのまま。
○火を消して、そのまま蒸らす。そのまま冷ましてしまってok
○冷めたら漉しとる。その際、直接手を触れないように(雑菌がはいるから)、
 スプーンなどでしっかりドライハーブに残った水分も取ります。

これで完成です。
※入れる容器は必ず煮沸消毒orアルコール消毒したものを使いましょう。
冷蔵庫で2週間ほど保存可能です。

------------------------------

なんだか見たことあるレシピ?うん、ハーブの量こそ違うものの、
前に紹介したラベンダー化粧水と作り方は一緒です♪
バブーのいるご家庭で真っ白な物を使っているご家庭があったら超尊敬しちゃうけど、
残念ながら、真っ白なものにはハーブの色がうつってしまうので使えません。

このスプレー使用時間に注意があって、ローズマリーは目覚めの効果があるハーブなので、
夜に使うとパッチリ目が覚めてしまう人もいると思うので注意です(笑)
朝起きたときに、寝室にシュシュッとするだけで気分がリフレッシュするのでおすすめです。


後、余談ですが、ほんとよく調べないで適当に暮らしていた私。
「コレがいいらしい?」とか「アレはコレにいいらしい?」の人づて、TVをながら見、で適当に得た情報源で
クエン酸スプレーは殺菌効果があるとつい最近まで思っていました。
クエン酸はイコールではないですが、大雑把に【クエン酸=レモン=酢=梅干】みたいなものなわけで、
梅干は静菌効果(菌の繁殖を防ぐための効果)があるからお弁当に入れるわけ。
お酢とかレモンとかもそういう使い方するよね。
だからクエン酸に殺菌効果があるわけないんだよね〜。
厳密に言えば、殺菌されるものもあるかもしれないけど、期待度はごくわずか。
きっと私と同じように勘違いしてる人いるんじゃないかな?
アレルギーのこと | comments(2) | trackbacks(0)

手作り殺菌スプレー

121226-2.jpg

『うっふふ〜、長いパンでしょー、がぶがぶがぶ。』
と、言いながらお得意のテラ歩き開始(○○がてら歩きを我が家ではテラ歩きと命名)。

121226-3.jpg

『あっ。』

121226-4.jpg

『がびーーーん・・・ん?』

121226-5.jpg

『2個に増えた^^v』


紙おむつの在庫が残りわずかとなった日。
とても良い天気だったので手をつないで歌いながら徒歩10分の薬局へ。

怪獣くんのお気に入りの歌「リトミックの早い&ゆっくりの歌」「はとぽっぽ体操」「動物体操」。
この3曲を歌いながら、往復1時間かけてノリノリでお散歩してきました♪
ほんとは、いないいないばぁの「わーお」も好きなんだけど、あれは途中でだんご虫になっちゃうから、
路上でごろーんされて何度も痛い目見てるので割愛(笑)

薬局に着いたら、私が手に取ったおむつを自分で持つとはりきり、
薬局中ずりずりと引っ張って持たれてしまい、これを外でやられたらパッケージが破れてしまうと思い、
慌ててレジ前にある”ナイスティック”を掴んで持たせたら、
家に帰るまでとってもだーーーいじに持って帰ってきて、帰ったと同時にかぶりつきました(笑)

たった10分ほどの距離の往復で、しっかり1時間以上かかってしまいましたが、めっちゃ楽しかった。
そんな一日が終わった深夜、唐突のリバース。
そう、どこでもらってきたかな〜、今年の1月にもなった”ウイルス性胃腸炎”にまたなってしまいました。

次の日の朝病院に行き、先生に言われたこと。

「私が最近診た患者さんでノロの子はいないから、多分ロタだと思うけど、
念のため嘔吐した洋服などは、漂白剤につけるなどして殺菌してください。」

その後すぐに、

「あ、洗剤アレルギーがありましたね、漂白剤はダメだ。
85度以上の熱湯で最低1分、まぁでも念のため3分煮沸して殺菌してください。

んでもって、

「洗濯できないようなところは殺菌スプレーね、除菌・消臭のファ○○ーズはロタには意味ないからね。
まぁあれは化学物質の塊のようなものだから、怪獣くんのおうちでは使ってないか(笑)
市販品は、こういうアレルギー持ちの子には毒性強いの多いしな〜・・・。」

ええええええええええええええ!
いや、うん、そうだよね、考えてみたら、あのスプレーはそういう物だよね。
バリバリ使っていましたとも。
通常の排泄失敗のときにもネ。

しかもアレって、調べてみたらそういう菌に対しては本当に全然意味がないのね。
なんかCMのイメージそのまんまに洗脳されていました。
ザッッッパー!!って洗濯したようにサッパリしちゃうのかと思ってましたよ?
触れたら洗い流せとか書いてあるし、確かに毒性高いよね。
なんと恐ろしいことか。

たまに調子が悪いときとか、家でアレルギーが出ちゃうことがあったんだけど、
コレもひとつの原因だったのかも・・・。

っと、言う事で、私と同じように、巷で売っている除菌スプレーで
ロタの後片付けしちゃってる人いるかも?と思って記事にしてみましたー。

ロタとノロはアルコール消毒による殺菌効果がほとんどないようです。
小児科の先生に勧められたスプレーを昨日紹介していたのですが、途中の工程が大切であり
そのスプレー自体は、ロタの殺菌効果を得るためのものではなかったと
友達につっこまれて気づき、勉強しました。

とっても適当な記事書いてごめんなさい!許して!!

昨日の記事は見なかったことにしてください。
改めて”皮膚が弱い子の洗濯できない箇所の消毒方法”の記事を後日アップしたいと思います。
スイマセンデシター。
アレルギーのこと | comments(4) | trackbacks(0)

洗剤アレルギーっ子の旅行へのハードル

121217.jpg


旅行編その1その2でお伝えした通り、旅行自体はすごくすごく楽しいものになりました。
怪獣くんがギャン泣きしたりいやいやしたりとか、ほぼ皆無。
エリーのおかげが一番だけど、きっとそれだけ成長したんだろうな〜ってしみじみ実感しました。

今回の旅行、怪獣くん1歳11ヶ月にて、実は初めての旅行でした。
月齢もそこそこの頃は、元々どちらかといえばインドア派の親達なので、
もうちょっと大きくなったらって言って、実家に帰ることが旅行みたいになっていて、
その実家に泊まるうちに”合成界面活性剤アレルギー”(直接肌に触れる、洗剤、ボディーソープなど)
が発覚し、そのリスクを冒してまで、旅行に行く意味があるのかどうかで悩み、
結局なかなか踏ん切りがつかず、旅行に行けていませんでした。
姉が箱根でやりたい!って言わなければ、きっと旅行に行くのはずーーーーっと先だったでしょう。

今回の旅行に行くにあたり、怪獣くんのために用意したもの。
・サイズがピッタリで肌に密着しやすい寝巻き(首周り・足首・お腹から入り込まないように)
・シーツと毛布
・バスタオル2、タオル5、ハンドタオル3
・お風呂用&手洗い用石鹸
・ステロイド入りの炎症用薬(肌用・目の周り用)
・保湿剤


一見そんなもん?と思うかもしれませんが、実際の量にすると1泊旅行の荷物とは思えない量になります。

そしてこんだけ用意して、宿泊した結果はと言うと、
寝巻きの上から出ていた首から上にアレルギー反応が出てしまいました(涙)

いやー、ペット可のホテルだからなのか、暖房が全然効かなくて、
結局持ち込みした毛布の上から、親がかけていた布団を、肌に触れないようにかけてたんですけど、
私も疲れてぐったり寝てしまったので、多分触れてる時間がたっぷりあったんだと思う・・・。
子供の寝相の悪さは天下一で、気づいたら自分の顔の上に尻が乗っかってたりするもんね(苦笑)
あとは、ペットの消臭用にちょっと強めの薬品を使ってるのもあるから、舞ってるんだろうねぇ・・・。

朝起きたときは、目元がちょっと腫れてる程度だったのでちょこっとタオルで拭いて様子見てたら、
家についたころには、顔に掻き傷が出来、首も引っ掻いて血だらけになっていました><

慌ててステロイドの薬品を塗ったら、次の日には完治しておりました。ホッ。
やはりアレルギー持ちの子の旅行は本当にリスキーだね。

121217-2.jpg


そんな経験になった旅行だったけど、結論としては・・・、
でも、旅行にはやっぱり行くべきだ!

最近は人見知りや場所見知りが始まっていて、そんな子が楽しめるのかとの不安もあったのですが、
見たこと無い景色を車で眺めるのが楽しくて寝なかったり、大涌谷ではおおはしゃぎでずんずん歩いたり、
初めての場所に大興奮で、愚図ってるのなんてもったいないなって雰囲気がこっちまで伝わってきた。

3歳までの記憶は大人になったらとどめていないとは言うけれど、
ここまで目に★ができるほど楽しんでいるんだから、また連れて行ってあげたくなっちゃうよね♪

今回の経験を踏まえて、こういった肌にアレルギーを持っている子は、
初夏・夏・秋に行けばいいんだと思った。
(寝巻き+薄手のタオルケット程度を持参すれば良いだけだから)

でも・・・荷物がいっぱいになってしまうのは事実なので・・・、
だーーーいすきな電車での旅行は、キミのアレルギーが落ち着くまではおあずけね。
アレルギーのこと | comments(0) | trackbacks(0)

洗剤アレルギー

120907.jpg


今回も実家に帰った途端に全身に発疹がでました。
色が黒いので分かりにくいですが、赤っぽいところが全て発疹です。
主に、首筋やヒザ裏など弱い部分にしか出なかったはずなのに、今回は全身にビッシリと・・・。

原因が洗濯洗剤と分かっていたので、怪獣くんが肌に触れるものは全て持参し、
洗剤も持ってくるなどして気をつけてはいたのですが、
実家の家具の配置が少々変わり、怪獣くんがお昼寝する居間に、
おばあちゃんの布団があったので、ついウッカリ寝かしてしまったために発症してしまいました。
あと、ちょっと顔が汚れたた時にちろっと拭いただけのタオルにも反応して口周りも真っ赤に。

今回は夜も眠れないほどの乾燥を伴った発疹で、全身引っかき傷だらけに。
最初の頃はここまでヒドくなかったのに、免疫の影響なのかな〜、どんどんヒドクなってきました。

洗剤以外にも原因があるのじゃないかとも考えたのですが、掃除を綿密にすると少し収まるので、
結局のところ、目に見えない洗剤の粉がいたるところにあるので、それでアレルギー反応が出るのかもと。

さらに、最近具合がすぐれないエリも、熱中症対策のために、家で寝てる機会も多く、
布団の上で怪獣くんとよく一緒に寝ていたので、その際に毛にいっぱい絡まった可能性も大で
具合がさほど回復していないのに申し訳ないんだけど、お風呂にいれることにしました。

生活スタイルを変えたくないという頑固なうちの母も、全身&真っ赤になった顔を見て
ようやく洗剤を変えることを了承してくれたので、家の中のものを全部洗い直しました。


120907-2.jpg


おかげさまで、掃除と洗剤変えとエリのお風呂でだいぶ落ち着きましたが、結局全ては引かず。
しかもずーっと痒いようで、いつもどこかしらポリポリかいていました。

実家では大手企業の市販の石鹸を使っていたのだけど(一応、無添加・無香料のもの)、
これが更なる乾燥を引き起こしていたようで、洗ったあとすぐ粉を吹きました。
なので、頭だけ石鹸で洗うようにして、身体は水のみで流す対策をとっていました。

エリの毛も何度掃除しようとも散らばってしまうし、洗剤の残りカスがなくなるまでは、
毎回来るたびに発症しそうだな〜。

怪獣くんの場合、自宅だと肌の調子はだいぶ落ち着いてきていて、実家だと発症なので、
原因を追究できたけど、最初からこの状態だったら、ただのアトピーだと思って
薬漬けの人生を歩んでいたかも・・・。

それにしても、未だにバタバタしたり、オットの仕事の都合とかで旅行にいけてないんだけど、
この肌トラブルを見る限り、旅行先でも怪獣くんの肌に触れるもの関係は全部持参でいったほうが良さそう。
旅館やホテルのシーツとかもどうなんだろうか〜。
旅行に行きたいけど、すごい悩まされる問題だなぁ。


120907-3.jpg


そんなこんなで肌トラブルに悩まされる最近ですが、初手作り石鹸解禁です〜♪
怪獣くん用は、美花さんの石鹸があるので、まずは親が毒見(笑)

精油も色々悩んだんですが「ラベンダーとローズゼラニウム」で作ってみました。
居間で熟成させていたので、いつも良い香りで結構幸せ。

プロの石鹸みたいに洗いあがりもしっとりって言うのは残念ながら・・・でしたが、
基本の基本、マニュアル通りに作ったので、思った以上に上手にできたと思います♪

石鹸作り、これが意外と楽しくって、まだ一回しか作ったことないのにハマりそうな勢い。
実家に帰ってる間に、本を何度も見直して、さらに追加で買い、とうとう型までポチっていたり(笑)

最初は牛乳パック一本の分量を仕込みましたが、基本はなんとなく理解できたので、
次からは半量で、色々オイルやバターを変えて、少ししっとり系の自分好みの石鹸を作ろうと思っています。


怪獣くん用の洋服用の布も買ってあるし、秋から冬に向けての毛糸パンツも作りたいし、
身体用の石鹸のほかシャンプーバーも作ってみたいし、肌用クリームも色々なバージョンを作りたいし、
やりたいことが多すぎだな(笑)

でも日中は暴れん坊の怪獣くんのお世話がいよいよ大変になってきてますしね。
早く寝てくれるように日中色々連れ出して頑張ってますが、
自分の寝落ち率も高くなってきていて、困ったな〜と思う最近です!

何から手をつけよう!

アレルギーのこと | comments(2) | trackbacks(0)
ポインタ