<< 怪獣くんの化学物質過敏症(皮膚炎)の対策。 | main | 素人がおすすめする手作り石鹸グッズ >>

カモミールのインフューズドオイル

130514-2.jpg

今年も実家のお庭はカモミールで満開になりました♪
この時期の実家は、カモミールやその他母が育てている花が満開をむかえ、
山からはウグイスの鳴き声が聞こえ、居間にいてもカモミールの香りに包まれて、
それはそれは幸せな気分にさせてくれます。

プランターでハーブを育てるのは結構難しいのですが、実家ではほぼ放置でこの咲き様。
見るたびに大地の恵とは素晴らしいものだなと、感動してしまいます。

久しく都会生活を送っていると、この環境がいかに恵まれたものだったのかを痛感します。
ただ、マイナスイオンが多すぎるせいか、自宅に戻ってくるとどっと疲れちゃうんですけどね(笑)


130514-3.jpg

そんなカモミールを摘み摘み。
今年は色々バタバタしていて中々お庭に出る暇がなく、
やっと庭に出れたと思ったら怪獣くんが公園までの道を覚えてしまったので
脱走して摘めなかったりで・・・(笑)

母と姉の旦那様にも協力して摘んでもらいました。
今年はこれをインフューズドオイルにしてみることにします♪
(ちなみに去年は、カモミールでフローラルウォータを作っています)



<カモミールのインフューズドオイルの作り方>

130514-6.jpg


<材料>
・ドライハーブ
・お好みのオイル
・無水エタノール
オイルの量に対して10%程度のハーブを漬け込む(ドライハーブ10gの場合、オイルは100g)

おなじみのレンチン法でドライハーブにして、それをブレンダーで粉状に。
そこに、無水アルコールを湿らせる程度に加えて(全体がアルコールで湿ればok)、一晩放置。
アルコールと馴染んだところでよくかき混ぜながらオイルを加えて、2,3日放置。
ガーゼで漉して湯煎で50℃でぐるぐるかき回しながら30分。
その後80℃まで一気にあげて10分、でアルコールを飛ばして完成。
※人によって、温度の保ち方が違うようですが、何度か試して自分はこの方法に落ち着きました。
※80℃まで上げるので、酸化しにくいオイルが◎



130514-5.jpg

今年は去年通ったハーブ講座の知識を生かし、カモミールの花のみを摘んでドライハーブにしました。
ハーブにオイルを注いだ段階では茶褐色だったので、茶色いオイルと思いきや、
漉してみたら結構綺麗なグリーンの発色。
少し美容液用にして、後は全て石鹸にしたいと思っています♪

最近は精油を全く加えず無香料で作っているのですが、インフューズドオイルで作ると
仄かに香ってくれるので今回の石鹸はどうかなー?と今から楽しみ。

妊娠してからも体調が良い時を見計らってちょこちょことは石鹸作りしていたので、
今度その石鹸たちも披露しますね!


**--------**

おまけ

カモミールの香りで自宅が満たされて幸せを感じている母の前で




130514-4.jpg

怪獣くんは今日も変わらず自分磨きに精を出しているのでした(笑)

手作りコスメ・石鹸 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
ポインタ