<< 【手作り】サロペット80 | main | 【手作り】サロペット80 禁断のひよこ達 >>

我が家の手作り常備薬のまとめ

140618.jpg
洗剤アレルギー(化学物質過敏症)の長男怪獣くんのために、石油由来の乳化剤・合成界面活性剤の使用を極力控えるため、家で使うグッズに関しては一部を除き(カビハイター系、トイレ用具)手作りです。
※洗剤アレルギーについてはこちらの記事参照 [,](内容が重複してる箇所あります)。

子供がいると、やっぱりそういう品物に関して敏感になる人も多く、我が家は意図せずそれのスペシャリスト?のエセナチュラリスト(笑)なので結構聞かれる機会が多いのですが、自分でも常備薬としてどの程度、どんな量を持ってるのかなーっと気になってまとめてみました。

=================================
■オイル
 オリーブオイル、ひまわり油、ココナッツオイル、パームオイル、カカオバター、椿油
 スイートアーモンドオイル、ひまし油、レッドラズベリーオイル、アボカドバター、シアバター

■薬品
 苛性ソーダ、無水エタノール、クエン酸、重曹、アルカリウォッシュ、精製水、植物性抗菌防腐剤
 レシチン(大豆由来の乳化剤)、水溶性ホホバオイル、ベタイン、キサンタンガム、ピンククレイ
 グリセリン、酵素系漂白剤

■アロマオイル
 ティーツリー、オレンジスイート、ローズマリー、ユーカリレモン、シトロネラ

■ドライハーブ各種
 ローズマリー、カモミール、ミント(実家で採れたモノが主流)
=================================

こんなところが材料かな。
意外と量が多くてビックリした(笑)
ちょこちょこっと揃えていったので、自分的にさほど持ってるイメージはなかったのだけど。

ちなみに必須のようなラベンダーの精油は、妊娠初期に知らずに使ってアレルギーが出たので、もしかしたら恐竜くんが怪しいかも〜っと思って我が家では使用していません。
ラベンダー、ゼラニウムあたりも持ってると便利っぽいんだけど、一応の消費期限を1年と見積もっているので1家族で消費する量としてさほど種類をもてないので自分的に好きな香りと効能で5種類を選択。

オイル類は、石鹸を作らなければここまでいらないので、石鹸系を抜かせば常備薬もちょい少なめ。
コスメで使ってるオイルは、
椿油、スイートアーモンドオイル、ひまし油、レッドラズベリーオイル、アボカドバターの5点。
最近色々試していますが、あれほど好きで使っていたシアバター、怪獣くんの肌には少し強いような感じなので、アボカドバターのみに移行する予定です。

++++++++++++++++++

そしてこれらを使って作った完成形の定番モノ。
クリームなどレシピに確定が出てないものは分量なしで載せてます。
(過去記事でレシピ等紹介しているものはリンクを貼っています。古い記事←●→新しい記事。)
(材料名のリンクは、自分が購入しているショップの該当商品へのリンクです)

<<コスメ系>>
■石鹸各種(
 ・オイル各種
 ・精製水
 ・苛性ソーダ
 ・ドライハーブ
 ・アロマオイル(気分で。基本は無香)

■保湿クリーム(,
 ・スイートアーモンドオイル
 ・アボカドバター(シアバター)
 ・精製水
 ・レシチン
 ・アロマ(時々。ティーツリーが多いかな)

■化粧水
 ・精製水
 ・ベタイン
 ・(+ママ用オプション、アスタキチンサン、紫根とか)

■ハーブ化粧水(
 ・精製水150ml
 ・ドライハーブ大匙2-3杯(ラベンダーが多いかな)
 ・ベタイン小さじ1

■リップクリーム(
 ・ひまし油
 ・(+好みのオイル)
 ・キャンデリラワックス

■リンス(
 ・椿油
 ・クエン酸
 ・精製水
 ・グリセリン
 ・純植物性抗菌エキス
 ・アロマ(ローズマリー)

■虫よけスプレー
 ・無水エタノール10ml
 ・精製水40ml
 ・アロマ(ユーカリレモン、シトロネラ)10滴

■虫よけアロマ(ティッシュにたらしてポケット)
 ・アロマ(ユーカリレモン2、シトロネラ1、ティーツリー1)

■日焼け止めオイル(
 ・レッドラズベリーオイル小さじ1
 ・アクアホホバオイル小さじ1/2
 ・精製水小さじ1
 ・ミネラルファンデ小さじ1/2


<<掃除系(+アクリルタワシを併用)>>
■消毒用ルームスプレー(
 ・無水エタノール70ml
 ・精製水30ml
 ・ティーツリー10滴(他アロマ加える場合+3滴)
■ハーブのルームスプレー(
 ・精製水200ml(水道水でも可、でもできたら精製水)
 ・ドライハーブ大匙4,5杯

■アルカリウォッシュスプレー(油汚れ関係。キッチン周り等)
 ・アルカリウォッシュ小さじ1
 ・水200ml

■クエン酸スプレー(主に床、壁などの室内全般)
 ・クエン酸小さじ1
 ・水250ml

■アルカリウォッシュそのまま
 ・布ナプつけおき

■重曹そのまま
 ・布おむつつけおき

■柔軟剤
 ・クエン酸大匙5
 ・水500ml
 ・グリセリン大匙1
 ・アロマ10〜20滴(梅雨時期と気分で、ラベンダーorティーツリーなど)

■衣服漂白&ロタなどの消毒用(煮洗い)←石鹸洗剤なので、梅雨時期などピンクのカビが発生しやすい。
 ・熱湯
 ・酵素系漂白剤
 ・(+石鹸洗剤)


こうやって整理してみると、結構いっぱい作っているんだな〜。
材料しかりこちらも少しずつ試行錯誤で作って足していったので、全然ある気がしなかった。
いつも材料なんだっけー分量なんだっけーって色んなとこにメモったの引っ張り出してたりしてたから、今回のまとめ記事は書くのに時間かかったけど、自分的に助かった(笑)
以後レシピ更新するたびにこのまとめを整理していきたいと思っています、自分のために(笑)

マンデイムーンカフェ・ド・サボンケンコーコム、街の薬局が主な購入先になります。
精製水と無水エタノールの消費が結構あるので、ケンコーコムの通販でまとめ買い。
きちんと家計簿つけてるわけではないのできちんと比較はできませんが、洗剤とコスメをほぼ買わなくなったので、年間コストは手作り石鹸のオイルが若干コストがかかるものの、断然手作りしてるほうがお得。
市販品の化粧水などはピンキリの値段なのでご家庭それぞれになると思いますが、我が家ではおおよそ1〜3万ダウンだと思われます。

まぁ、化粧水などの私に対する美容系はちょっとオプションをつかったほうが・・・と思える肌年齢になってきたので、少し栄養面を改善していくのでもうちょっとお値段があがりそうですが(笑)



石鹸洗濯も色々試しつつようやく落ち着き、結果この石鹸を愛用中。
お風呂の残り湯が使えない冷たい水を使用する冬場でも今のところ溶け残りなし、洗濯層のカビ生えもなし。
手作りコスメ・石鹸 | comments(6) | trackbacks(0)
 
ほー(°∀°)参考になります!!!

そういえば、まだグリセリンでリンス作ってませーん(^_^;)

全く同じミヨシのせっけん、うちも使ってますよ♪
あさイチであってた、プリン状せっけんにしてお掃除で大活躍してます!
サトエガ | 2014/06/20 17:51
初めてコメントさせて頂きます。
現在恐竜くんと同じ9月生まれの0歳児を持つまると申します。
うちの子に原因不明のアレルギーのような湿疹が出て色々調べていたところにこちらのブログを見つけ、かれこれ4ヶ月ほど対処法などを参考にさせて頂いていました。
そしてこちらの記事!
私も結果論的に手作りしなくてはと考えていたのですが、一体なにを揃えていったら・・・と初心者すぎて途方に暮れていたのですごい助かりました!
石鹸はさすがにまだ手が出ないので、まずは掃除用品と洗濯用品の見直し、それに落ち着いたらコスメを作ってみたいと思っています。
ボディソープを石鹸に変えただけで、かなり改善したので本当に感謝しています。
コスメなどに限らず、怪獣くんと恐竜くんの日常生活の日記もとても微笑ましくいつも楽しく読ませて頂いています。
これからも楽しみにしています。
またコメントもさせてくださいね^ ^
まる | 2014/06/21 20:31
上の方に便乗して、、、初めてコメントさせて頂きます。
私は幼稚園年中の娘を持つハハです。
娘の肌が乾燥なのかアトピー体質なのかと皮膚科に通っても一向に改善されず、
色々調べていて怪獣くんブログに出会いました。
かれこれ2年以上読ませていただいて大変助けて頂いていたのに、
コメントする勇気が湧かず、、、上の方のコメントに便乗させて頂く事にしました。
薬に頼るしか頭になかったので、KTさんの記事の内容はすごく衝撃的でした。
現代に生きるのに自然派思考なんてとか、、、とすごく否定的だったのですが、
毒されすぎていたのかもと。
最初はオーガニック製品などを購入して合う製品を見つけようと頑張っていたのですが、
金額的にも結構なものですし、色々使っているとどういった素材が娘に合うのか
なんとなく分かってきたので、徐々に手作りシフトしていこうと思っていたので、
こちらのまとめは本当に助かります。
ひとつ質問なのですが、グリセリンとベタインの2つの保湿剤があるようですが、
どのような使い分けをされているのでしょうか?
グリセリンが一般的だと思いますが、あえてベタインなのは何かあるのかなぁ?と思いまして。
初コメントなのに質問ですいません。これからも更新楽しみにしています。
ruruハハ | 2014/06/22 15:48
:☆'.・*.・:★ サトエガさん:☆'.・*.・:★
色々作ったりしてるのに全く整理していなかったので、怪獣くんが幼稚園に入って出来た空き時間を使って頑張って整理してみました。
レシピもまとめて書いてないでメモ程度だったから、なんやかんやで子供の成長記録とかでブログって日記とかより参考になるのでまさに自分用に頑張ってまとめなおしました(笑)

リンス、グリセリンよりキサンタンガムね・・・多分書き間違いだと思うけどっ!
一回作るまで結構一手間が面倒だったりするけど、きっと手作り好きの人は一度作ったらハマりますよー!

あさイチ・・・最近全く見てないなぁ。
その時間、TVとられちゃうしね。
プリン状石鹸か、あとで調べてみよーっと。
こういう記事書くと、誰かしら新レシピを教えてくれるので本当に助かります。
ありがとうございます!!
KT | 2014/06/23 09:59
:☆'.・*.・:★ まるさん:☆'.・*.・:★
初めまして、コメントありがとうございます!
怪獣くん(長男)は最初本当になんだか分からなくて、皮膚科に連れて行くもその場限りの治療薬で、ずーっと試行錯誤を繰り返し、ようやく3歳くらいで落ち着いてきたところなんです。
まだまだうーん?って思う部分もあり、これからも改良の余地が多々あるんですが、何せ毎回適当に作ってるので自分でもグッチャグチャだったので、頑張ってまとめてみました。
おかげで自分がどういうのを作っていて、どういった材料があるのかがきれいにまとまったので、これからまた何か別のものが作れるかとか見直しもできそうです(笑)

石鹸、作るまでの過程がなかなか大変ですが(ソレ相応の知識や道具)、一度作り始めるとお料理みたいで楽しいし、私は大好きです。
ただ、後片付けも油もので大変なので、心に余裕があるときしか作らないので、なかなか重い腰があがらない今日この頃です(笑)

ボディーソープ、今まで何の気なしに特に疑問もなく使ってましたけど、こういうアレルギーもちの子ができたことによって気づかされる毒性にビックリしますよね!
ある意味良かったなー勉強になったなーって思うことも多いです。
よかったらまたコメントくださいね^^
KT | 2014/06/23 10:06
:☆'.・*.・:★ ruruハハさん:☆'.・*.・:★
初めまして、コメントありがとうございます!
自分用にまとめ記事だったんですが、助かると言ってくださる方がいて、しかも勇気を出してコメントくださったとの事、本当に嬉しいです♪
2年くらい前というと、アレルギーが一応分かったけど、対処にどうしようともがいてる頃から見てくださってるんですね。
今はようやく落ち着いてきました・・・と言っても幼稚園はいってまたも悪化してる箇所もありますが。

>現代に生きるのに自然派思考なんてとか、、、とすごく否定的だった
そうそ!この気持ちすごーーいよく分かります。
広告に踊らされてる部分もありますが、実は綺麗に見えるだけで毒だったりするものの方が圧倒的に多いのを長男の肌によって学びました。

グリセリンは量を多く使ってもそれだけ吸収され保湿されますが、グリセリン過多になると”それがないと肌が乾燥してしまう=本来の肌機能体系が壊される”というトラブルもあると言われています。
この見解は賛否両論らしいのですが、ベタインは肌機能を壊さないというのはどうやらFAらしいので、基本的に肌に直接塗る箇所の化粧水・クリームにはベタインを用いています。
髪の毛、柔軟剤などには安価なのでグリセリンを使っています。
これは人によって考え方が違うので、あくまで私の意見です。
ご参考までに!

自分で答えられることがあればいつでもコメントくださいね^^
ruruハハさんも娘さんに作ってみてよかったレシピがあれば教えてくれると嬉しいです。
KT | 2014/06/23 10:17
Comment








   
 
Trackback URL
http://baby.p0w0q.net/trackback/669
Trackback
ポインタ