<< 【手作り】サロペット80 禁断のひよこ達 | main | 【手作り】ホットパンツ90 >>

アレルギー対策あれこれ

140625-2.jpg
幼稚園に入園して一番苦労している点は、やっぱり肌トラブル(アレルギーについてはこちらの記事)。
ならしの午前保育だった頃は、さほど目立った様子もなく、たまに粉が吹いているな〜程度でした。
通常保育になった途端、お腹の部分が常時鮫肌になり、夕方にはアレルギー反応と思わしき湿疹・粉吹きを確認。
目の周りが微妙に赤く粉吹くこともあったり、ヒドイ時は首の後ろの筋の部分をかきむしって血がにじんでいることも。

湿疹が強く現れる時は”体操着に着替える”がある時と判明。

現在は戦闘モノごっこも流行り、着替えながらもお友達とチャンバラごっこをすることも多く、さすがにそれを止めて着替え優先にさせるのも園では限界がある(一人で着替え、手を出さない)とのことで、それはごもっともだと思うので色々考えた結果、

140625-3.jpg
我が家では小児科の先生と相談して、現在保湿用にビーソフテン、保護用にプロペトを処方してもらっています。
症状悪化に伴い、このプロペトを少々多めに処方してもらい、朝の出かける前と昼ご飯前後に先生に塗りなおししてもらうことにしました。

これのチューブ版を処方してもらったのですが、1ヶ月に1〜2本消費するくらい大量に使っています。
しかも、このワセリンのよいところは目に入っても大丈夫なので、安心して顔にも塗れるんですよね。

朝と昼の2回で使い始めて1ヶ月弱、常時出ている足などは保護できないときもありますが、だいぶ落ち着いてきましたハート

ちなみにこのビーソフテンの使い方ですが、アレルギー症状が出たり、汗疹などの湿疹が出た場合などステロイドを塗るとき、肌が乾燥しがちなので、手作り保湿クリームではなく、こちらのクリームを使うようにしています。

なるべく肌に負担をかけたくなくて、普段は手作りクリームですが、湿疹などのかゆみを伴うものは”早く効く”の優先順位を先にするようにしています。




140625.jpg
そんな対策で落ち着いてはきたものの、アレルギーとは思えない粉吹きやなんとなくガサつくお肌な状態をキープ。
うーーん、なんでだろう?っと日々の生活を振り返ってみる。
もしかして・・・と思うのが乳製品の摂取ひらめき

最近では牛乳の摂取で肌コンディションが悪くなる、アトピーが悪化するなどの報告もありますよね。
うちは怪獣くんの肌荒れが気になるので、飲ませることをさせたこともないし(もともと貧血もちだったので、一時期は牛乳摂取は医者からもNG指示も出ていた)、牛乳を使うようなお料理などは豆乳に置き換えたりしていたのですが、この頃暑さも増してで幼稚園から帰ってきたあと必ずバニラアイスを食べるようになったので、もしかしてそれも原因の一つかもと。

ってことでここ一週間は実験的にやめさせてみたら、粉吹きが治まりました。
(※あくまで私の個人的な解釈であり、わが子には合わないだけで牛乳が悪だというわけではありません。)
なので、肌コンディションが落ち着くまではなるべく控えさせることにしました。

食べず嫌い王だから、じゃーバニラアイスやめてシャーベットね〜なんて言っても食べてくれないので、代わりに温室みかん(6個で500円とか!)とか用意してみたり。
豆乳アイス、作ってみようかなぁ・・・おいしいのかなぁ。

ちなみに今まで食パンにチーズが朝ごはんでしたが、ある時から豆乳カスタードというのを作ってあげたらお気に入りで毎日ソレ食べてます。

+++++++++++++++
●卵1個
●コンスターチ大匙1
●砂糖大匙4(メープルシロップでも可能、うちはてんさい糖で作ってます)
■豆乳150ml(生クリーム抜きで豆乳200mlでも可)
■豆乳生クリーム50ml

まず、●をよーく混ぜて、■を加えてさらに混ぜます。
電子レンジで2分チン、よく混ぜます。
電子レンジで1分半チンして、冷まして完成!

すっごい簡単なので、お試しあれですよ!
よくお友達にレシピ聞かれるので参考までに載せてみました。


豆乳マヨネーズで痛い目みたことがあって、豆乳生クリームを警戒してたんだけど、コレ美味しいね!
ただ添加物の量もバリバリだし、どっちが健康に良いんだろうと思ってしまうけど(笑)

これでアレルギー関係も少し落ち着いてくれるといいなー。
今後汗疹も気にしなきゃいけない季節だし、無事に綺麗なお肌をキープできるように引き続き警戒態勢。
それにしても、幼稚園の担任の先生が本当に親身になって対応してくれて本当に助かる。
先生によって対応もさまざまらしいので、恵まれた環境で本当によかったにた

同じクラスのママさんたちの理解と協力もありがたい。
アレルギーは親一人が頑張ったところで限界があるので、さりげない支えがすごくありがたかったりする。
先生とそのクラスのママさんたちのおかげで一年はストレスなく過ごせそうです。
アレルギーのこと | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://baby.p0w0q.net/trackback/675
Trackback
ポインタ