<< 【レシピ】ゴミ箱付きポケットティッシュケース | main | 【手作り】アンの木のなつT110 >>

雨と雨の隙間で水通し。

150706.jpg
ほんっとこのところの東京は、雨がやみません。
しかもプール開きしたのに、めっちゃ寒くなっちゃったしね。

でも洋服を作る意欲は衰えないので、晴れは諦めて曇の日を狙って新しく買った布の水通し開始!
在庫処分をしてからじゃないと新しい布は買わないって言ってなかったっけ?
キコエナーイ。





150706-2.jpg
今回はフロッキーシートなどでアレンジしたいな〜って思って、
男子青無地系のニットをm500円くらいでだだっと仕入れてみました。

さあ何を作ろうか!
え、作るの決めてからふつう買うんじゃないの。
だからいざ作るの見つかったときに、合う布がないとかいってまたポチるハメになるんだよ(笑)



水通し、みんなはどうやってやってるのかな?
私は買ったままの畳んだ状態で30分-1時間程度こんな感じで水貯めて浸しておき、その後そのままの形で5分くらい脱水して干してます。

畳んだままの状態で水浸し→脱水してしまうと、ほつれが少ないので個人的にはこの方法おすすめ。
ニットは水通ししてからでないと、ワンサイズ小さくなるなんてザラなんで、絶対にしたほうが良いと思われます。

一度、怪獣くんのTシャツで完璧に仕上がったと思ったら、洗濯後にヘソが出るアクシデントがあり、学びました(笑)

水通しなめんなー!(笑)
ハンドメイド(小物) | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
ポインタ