<< ダンス発表会その4:プリキュア | main | 忍者になりたい。 >>

私の仕様の手作り化粧水レシピ

160829-4.jpg

++++++++++++++++++
■手作り 化粧水のレシピ
++++++++++++++++++

・精製水:90ml
濃グリセリン(植物性):9ml
ヒアルロン酸粉末:耳かき3杯
ハトムギエキス:1ml
ヘキサンジンオール:2ml

消毒したボトル(100ml用)に精製水を入れる
全材料を投入後キャップを閉め、ふりふり。


※容器等すべて消毒しておくこと。
※参考までに、自分が購入してるショップのリンクを貼っています。
※グリセリン→ベタインでも可
※冷蔵庫で完全保存の場合はヘキサンジンオールはいらない

・・・・・・・・・・・・・・・

化粧水は実は一番作りやすく、作りにくいレシピな気がします。
お肌の気になる部分を補うオプションを追加しやすいし、追加するとなるとその配合率を考えたりが意外と大変で、そうこうしてると面倒になって結局市販品に戻りたくなってしまうのです。

でも実は私、市販品の基礎化粧品をやめて1年半くらい、その副作用といいますか、一時期肌がボロッボロになりました。
にきびも増えました。

多分今まで科学の力でコーティングをしていたものが、手作りするようになってそのコーティングがなくなって一気に荒れたんだと思います。
手作りに変えるとよくあるっていいますよね。

姉なんかには、「いくら自然のものがいいからって、もう歳なんだし科学の力に頼りなよ!」って何度も言われるほど。
本当に、ヒドイ荒れようだったんだと思います 苦笑

なんでやめなかったかって?
純粋に、作ると100円、買うと3000円、ばからしくって(笑)

きっとこれは改善される!!と信じて3年、ようやく普通に戻りました。
髪の毛もそうですけど、科学の力のコーティング剤が全部剥がれて素の回復力が強まったんだと思います。
自分で肌触ってみてもそう思いますもの。

こういう実体験を経て、改めて食品添加物とかそういうの考えさせられます。
子供がいる分余計にね。

ただ、2,3週間に1度と言えど、やっぱり作るのって結構大変。
自分仕様に色々足し算引き算した結果、ごくごくシンプルな材料に落ち着きました。
そこも楽しめればいいんだけど、ね。




グリセリンは無しで、ベタインがいいらしいんですが、私はまだグリセリン使ってます。
クリームはベタインに変えたので、徐々に移行していこうと思ってます。




時々ニキビができることと、肌のコンディションのこと、日焼けのことを考えるとハトムギエキスが優秀らしいので、1回前のレシピからハトムギエキスを使っています。
ハトムギ入れるようになってから、ニキビができることがなくなりました。
偶然肌のコンディションが落ち着いているだけなのか、コレの効果なのか。




夏はクリーム無しでライトに使いたいけど、化粧水だけの保湿じゃ・・・。
となった時お試しで買ってみた、ヒアルロン酸粉末。
これが私の思い描いていた化粧水のテクスチャ、どストライク♡
このトロっとした感触、市販品のでもよく気に入って使っていました。
これ抜きではもう使えないです(笑)


以前は、ビタミンC入れて美白を〜とか、紫根が〜とか、アスタキチンが〜とか、その都度色々オプション入れてたんですけど、とりあえず今はこのシンプル素材で様子見。

もうちょっと年齢を重ねたら、重ねただけのトラブルも多く出てくると思うので、その時はまたオプションに力を入れていこうと思います。
30超えてから今までできたことなかったニキビができたり、年齢で肌質って本当に変わりますよね。

ちなみに単価自体も安いので、化粧水は1回に結構な量をふんだんに使って保湿してます。
まだまだ暑い夏、ヒアルロン酸粉末のおかげで、クリームはほんのちょこっとだけ蓋をする役割のみで、100mlの化粧水を大体2週間程度で使う目安。
おかげさまで、このところファンデのノリがいい気がする?
まぁこういうのは気分と自分が自分への洗脳で向上する気もしますけど(笑)

せっかくここまで回復した肌、一生手作り物で過ごしていきたいです♡
手作りコスメ・石鹸 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://baby.p0w0q.net/trackback/905
Trackback
ポインタ