<< ベタインで、化粧水作り | main | 怪獣家のルール >>

ずっと作りたかったジーパンのリメイクバック

161018.jpg
パターン:amie poche / ギャザーポーチ(アレンジ)
生地:オットの穴の開いたジーパン
   生地通販のマルイシ / 裏布に使用
副資材:手芸レースのフェアリーレース /
    マグネットホック14&18mm本革ショルダーナスカン、Dカン付き持ち手

ずーーーっと作ってみたかった、ジーパンのリメイク。
お尻の部分に穴が開くとさすがに修復不能なので捨てるしかないのですが、ジーパンの使い込んだ風合い、すっごい好きでいつも捨てるのもったいないな〜と思ってたんですよね。

お針事を始めるようになってからは、そんな思いからいつかいつかと思いながらついジーパンだけは捨てずにとっておいてたのです。

でも、子供服作るのに一生懸命でなかなか手が回らず、3年経った今ようやく洋服熱にひと段落して小物に興味がわいてきたので、思い切ってジーパンにハサミを入れてみました!


161018-2.jpg


amie pocheさんの型紙では、糸&ボタン仕様なのですが、私は差し込みのマグネットホックにしてみました。
子持ちはパタパタカバンをあけるので、このほうが使い勝手がいいかなって思って。
初めて使ってみましたけど、これは色々使えそうなホックですね〜。

ただ、防犯の意味ではちょいとアレなんで、混雑するようなシチュエーションの時には使えなそうですが。
うーん、いよいよファスナーの練習をするか!


161018-3.jpg

中は、ジーパンの特性を生かして、もちろん後ろポケットの部分を内側にして、内ポケットを追加。見えてませんが、仕様でもう一つ裏布のところに内ポケットついてます。
オットのジーパンを使ったのでお尻が大きく、残念ながらジーパンの後ろポケットは1つしか使えませんでしたが(笑)


161018-4.jpg



本当はこれポーチ仕様なんですが、こういう形のポーチが欲しかったので、特大と大のポーチに持ち手をつけてみました。
Dカン部分に接続する布、特大のほうは革タグを切って、大のほうはベルト通し穴の生地を使ってみました。

今回は色々頭を使って、我ながら力作。
思った通りにできてすごい満足♡

この新品なのにクタクタな感じがたまらない。
切り方一つでデザインが大幅に変わるのも魅力ですよね〜。
まさにオリジナル!って感じ。
次に作る時はトートバックの形で作りたいなぁ。
ハンドメイド(小物) | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://baby.p0w0q.net/trackback/930
Trackback
ポインタ