怪獣君ワールドを作ろう計画 その2

160924.jpg

折り折り・・・。
折り紙と言ったら、飛行機ときどき手裏剣が定番の怪獣君。
計画を練った『怪獣君ワールド』を作るべく、毎日コツコツと頑張っております。


160924-2.jpg

怪獣君は鶴の膨らませて折る?と言えばいいのかな、ああいうとこがうまくできないので、左側のとこまで。
それ以降の手羽先みたいなのにするのが私の担当。

さてさて、何折ってるか分かります・・・?


160924-3.jpg

正解は!
立体のお星さまでした♡

5個折って1個完成なので、ちょっと大変。
お星さまは大量にいるらしいので、毎日幼稚園帰って来てから自分で勝手にノルマを決めて折ってます。

こういう単純作業、「飽きた〜、疲れた〜。」ですぐ投げ出しがちな怪獣君なんですが、さすがに言い出しっぺだけあって黙々と真面目に作ってます。

珍しく真剣にやってるので、母としては嬉しいので、夜コッソリ小人さんになって2,3個追加していってあげています。

でも「もっといっぱい!!」
てことで、当分終わらなそうで次の段階に進むのはもうちょっと後になりそうです(笑)
工作 | comments(0) | trackbacks(0)

リネンワッフルタオル:3年変わらず愛用してます。

160918.jpg

次男が生まれる時に、速乾性を期待して、市販品は高いので、生地を購入して作ったリネンワッフルのタオル達。
使ってる方は多いと思いますが、なかなか記事にしてる人が少ないようで、たまに質問されます。

このタオル、普通のタオルと違って使い込めば使いほむほど吸水性が増すようで、タオル地に比べれば多少ゴワゴワ感はありますが、薄いし吸水率は高いし、言うことなしで愛用しています。
感覚は、手ぬぐいをタオルにしたような?それ位吸水性がいいです。

と言うか、一度慣れちゃうと洗濯も楽だし、持ちもいいし手放せない!
私は腰まである長い髪なんですが、普通のタオルよりこのタオルのほうが、タオルドライの吸水率は高いです。
薄いのに、確かな吸水力。

タオル洗濯は即洗濯派と乾かしてリピート派に分かれるようですが、我が家は即洗濯派なので、夏の水遊びで枚数使う時も、冬でなかなか乾かない時も、この速乾性のおかげで何度助かったことか。

ボーイズ二人はまだ髪質が柔らかいのもあり、リネンタオルでささっと拭けば、5分後にはもう乾いてるほど。

オットは、残念ながらこの感触が好きじゃないのと身体が無駄に大きいので(笑)、IKEAの大判バスタオルを愛用しています。
なので、好みの差は大きいかもしれないな〜。
長男は近頃お父さんの真似が好きなので、IKEAのタオルを使いがちですが、頭だけは仕上げはお母さーんでリネンタオルでタオルドライしてます。


160918-2.jpg

ただ欠点もあって、石鹸洗濯をしていると、ピンクのカビが発生しやすいんです。
室内干しが増える雨シーズンや梅雨シーズンは3日間続けばばっと一気にカビちゃいます。

お風呂上りにそのまま洗濯籠→濡れたまま一晩放置のこの状態がいけないんだと思います。
ここでタオルを干しておく作業しておけばいいんでしょうけど、お風呂上りから寝るまでの作業が一連なので、タオルにまで気を遣っていたくないのが本音(笑)

普通のタオルもカビますが、リネンほどではないので、材質の問題なんだと思います。


160918-4.jpg

そんな時はいつも、この二つのアイテムでやつけています。
左:石鹸洗剤(ミヨシ)と右:酸素系漂白剤です。

酸素系漂白剤は、長男のアレルギーをクリアしてくれたので、漂白はこれ一本。
(塩素系は色々使ってみましたが、どれも反応が出てしまいました)
靴も靴下などなど、漂白力はハイターなどの手軽さに比べて劣るものの、温度などの使用法を守れば、少し面倒ですけど、泥んこ男子の強い味方になります♡


160918-3.jpg

大鍋に大体石鹸大3、酸素系漂白剤大1を入れて、ぐつぐつ煮込んでます!
大体20分くらい煮込んで、10分放置。
そんでもって普通に洗剤投入しないで洗濯回して、干したら真っ白〜になってます。

断捨離が好きと言うわけではないですが、基本的にダメになったら無駄に色々考えないで即ポイが習慣化している私。
そんな私が、リネンワッフルのこのバスタオルは、3年経ってもバリバリ現役で、愛着も沸いて、とてもとても大切に使っています♡

このタオル生地、最初の出費は少々痛かったですが、普通のタオルより俄然持ちがいいし、ほんと良い買い物したなって思います。

ほかのものでも、安くていいもの、高くても長く愛用するもの、こうやって見極めて上手に買い物できればいいな。
100円均一大好きとしては、一回使って眠ってるものも多いので反省せねば 苦笑

ちなみに調べてたら本来普通のタオル地のタオルって30回洗濯を目安に吸水性がガクンと落ちて取り替え時らしい・・・。
たった1か月でバスタオルを交換する人っているのか?
タオル屋が言うことだからその通りなのか、金儲けのためなのか分からないけども、どんだけブルジョワだよと(笑)
うちは1,2年は余裕で使いますが、その寿命考えてもリネンのほうがいいね!




愛用のリネンワッフルは生地の森(ファブリック・クロス)さんで購入しました。
キナリがイイ感じの色なんですが、上の写真の通り3年後は真っ白になってるので、オフホワイトの購入をおすすめします(笑)

160918-5.jpg

作り方は、好みの大きさに切って(少し縮むので、少し大きめに切るといいかもしれません)、生地の森さんの生地なら幅は半分の大きさで、長さがお好み〜って感じかな。
端ミシン(ジグザグorロック)をかけて、かけた部分を折って直線縫いで整えるだけ。

私はロックかけて、折り返して直線縫い。
3年経った今でも、ホツレルことなく、問題なく使えてます。
興味がある人はぜひぜひ試してみてください♡
ハンドメイド(小物) | comments(2) | trackbacks(0)

並べるの好き。

160925.jpg

恐竜君、怪獣君にはなかったこの「並べるの好き。」が発動しました。
お友達で何人か聞いたことはあったんだけど、怪獣君はひたすらワシャワシャしてグチャグチャして・・・、並べるのは積み木を積み上げるくらいしか、だったので、初めて見た時は変に感動しちゃった〜(笑)


160925-2.jpg

こういうの好きな子って、色んな物を、勝手にルールを決めて並べていくんだね!


160925-3.jpg

怪獣君と折り紙してたら、それもひたすらキレイに一列に並べてくれたり(笑)


160925-4.jpg

カードも並べて、見渡してニンマリ。


160925-5.jpg

人形ごっこも、まずはきちんと立たせて並ばせてからスタート。
たまにソフビの弱点でなよってて立たないやつがあって、ルールを乱されたとギャン泣きされたりします。


160925-6.jpg

変則的ですが、お布団でネンネ、らしい♡
この後、自分も掛布団持ってきて横で寝てました。

もっと大作を色々見たのだけど、完成した後すぐに盛大にガシャーンと壊すのが好きなので中々写真が撮れず。
でもとても3歳児のクウォリティじゃないでしょ!?と親ばか的に思う作品もあったので、いつかシャッターが切れたらいいなぁっと思ってます(笑)
日々の徒然 | comments(2) | trackbacks(0)

CandyFloss:2時間で完成。自分服。ニットチュニック

160920.jpg
パターン:Candy Floss / ニットチュニック
生地:手芸ナカムラ

先日のオーダーで、難易度がものすごい高いと思っていたワンピースが意外と簡単に作れるのを知って味を締めたので(笑)、なんとなく買っておいた型紙のニットチュニックにもチャレンジしてみました♡

生地は毎度お馴染み、手芸ナカムラさんので。
1.5mで580円だったかしら〜。

結構ペライ生地だったので部屋着&ちょっとした来客や宅配便などには大丈夫なようにと。

ミシン慣れしてきたせいなのか?
2時間かからなかったかも??すごいラクチンに完成♪


160920-2.jpg

気楽に、チュニック&レギンスで。

びっくりすることに、すっごいペライ生地なんだけど、透けない!
軽くていいや・・・てことで、怪獣君の幼稚園のお迎えだけの時とか、近所に買い物とか外着にもできちゃった。

かなりゆったり目なのに、ラインがイイ感じなので太って見えないし、出産間際の妊婦さんでも普通に重宝する一枚だと思う。

これは後ろをリボンにアレンジできるみたいなので、次は生地を秋用に変えてリピ決定♡

あ、ちなみに段々着ていくうちに楽すぎて逆に寝間着になりました。
これも踏まえて増産決定(笑)
ハンドメイド(大人) | comments(0) | trackbacks(0)

怪獣君ワールドを作ろう計画 その1

160923.jpg

雨続きの毎日で、晴れた日は習い事だったりしてお外遊びができないまま2週間。
こもりっきりでさすがにお互い嫌になってきたので、テーマを決めて工作をしよう!

てことで、今回は「怪獣君ワールドを作ろう!」の計画・その1。
色々話し合った結果、結構な世界観で、とても1日で作り切れる量ではなくって。
せっかく広げた世界なので全部作りたいねーってなりまして、まずは第一弾。

まずは建物。
試しにおうちを作ってみよう〜!
壊れない大きいのということで、段ボールをチョイス。
少し切らせてみたんだけど、カッターでないとうまくできなかったので、ここは私が。

本当は1から10まで全部やらせたいとこなんだけど、私と一緒に作るって言うのも楽しいみたいで、「キレイにしたいところはお母さんお願いします。」とやたら丁寧に頼まれたので手を貸すことにしました(笑)


160923-2.jpg

この段ボールハウスの原型を見てたら「絵具で塗りたい!」と。
急きょ、白い紙を貼って、ぬーりぬり。

恐竜君、あんまりこういうの参加しないんだけど、さすがにインドア派の彼もこもりっきりで退屈してたのかな?
すごい真剣で、無音な30分。
なんか、習字してるみたいな雰囲気だった(笑)

ここまで集中して何かしてる兄弟を初めて見た気がする。
まぁ、常に戦いごっこか、お人形でごっこ遊びだもんね。


160923-3.jpg

色の混ぜ合わせや塗り方など、幼稚園で何度も習って、幼稚園で描く絵は結構色がくっきり分かれてるのにな・・・。
我が家ではなぜかひたすら紙の上で混ぜ合わせて結局一色(笑)

怪獣君の真似してる恐竜君も、おかげでもちろん同じ色。


160923-4.jpg

出来上がり〜♪

組み立ててみたら、意外と味があって、いい感じの建物になりました♡

『怪獣君ワールド』、ちょこちょこ時間を見つけて作っていきたいと思います。
どんな風になるかな、完成をお楽しみに!!
工作 | comments(0) | trackbacks(0)
ポインタ