色々見直し中の石鹸生活

130612.jpg

泡でぶくぶく洗いましょー!

ご存知の通り、怪獣くんは化学物質過敏症です。
怪獣くんの化学物質過敏症(皮膚炎)の対策。】記事でご紹介しているような対策をしています。

んでもって、やはり基本対策となるのが、直接肌に触れる衣類お風呂用石鹸手洗い石鹸

我が家では、最初さらさを使用していて、それでもアレルギーが出るので、アトピー持ちの子供を持つお友達に教えてもらった”ミヨシの液体石鹸洗剤(無香料)”を使っていたのですが、アレルギーこそ出ないものの、段々と遊び方も激しくなっていき、土汚れが目立つようになってくると、その洗浄力にうーんと思う機会が増えてきました。

それと、やはり直接肌に触れる物なので、家族全員変更にしたんですけど、オットのYシャツの襟袖汚れは最初に部分洗いしてからじゃないと落ちていないこともあって、石鹸生活ならこちらにお任せの『石鹸百科』を舐めるように見直して、重い腰を上げ、粉石鹸に変更することにしました。

要するに液体石鹸で洗濯する場合、今の使用容量の3倍以上の量を使って洗濯しないと落ちない模様。
液体石鹸って意外とお高いので、家計的にもよろしくない。
ただ、粉石鹸を使用する場合は、ちょっとした手間がかかるので前に見てたときに躊躇しちゃってたんだよね。



ネットなら色々入手できる粉石鹸洗剤ですが、やっぱりお手軽にとか考えて巷で買えるミヨシにしました。
まぁ、まずは物は試しということで、始めてみました。

洗濯の仕方は、ぐぐればいっぱい出てくると思うけど、簡単に言うと、

【最低水位の水で石鹸を泡立てる→洗濯物の量より若干多めの水を貯める→洗濯物を投入
→洗っている最中泡が消えたら液体洗剤を加える】


て感じで、全自動洗濯機なのに全自動できないという面倒さ。
まぁ洗いの部分だけちょっとした手間がかかるだけで、後は放置でいいんですけど。

一度洗いが終わってから柔軟剤を加える方のほうが多いみたいだけど、私はすすぎの段階で投入してます。
(柔軟剤=クエン酸+水+グリセリンの手作り柔軟剤のこと)

始めてから半年以上経過しましたが、意外なことに継続できちゃってます。
んまー、可愛い我が子のアレルギー対策なので、愛が成せる技なのかな(笑)

石鹸洗濯で気になるのが、洗濯槽がカビやすいということ。
・・・だったんですが、よくよく石鹸洗濯マニュアルを読んでいると”正しい洗濯方法を取っていれば、カビが発生することはなく、もしもカビが発生したのなら洗濯方法を見直すべき”と書いてあり、結果2,3ヶ月に1回程度洗濯槽のクリーニングを行うのですが、洗剤洗濯の時にはたんまり出てきた汚れですら全く出てこない!
(ちなみに液体石鹸を使用しているときは、ぴろぴろワカメは大量に発生してたので使い方間違えてたらしい)

正しい洗濯方法って、単に洗うときにきちんと泡だっていればいいってだけなんだけどね(笑)

ちなみに、液体→粉に変えたとき、ほんとに全く泡立たず、通常の使用量と書かれている量の2倍近くは消費していたので、最初の1ヶ月強くらいは洗剤代が痛かった・・・。
どんだけ衣類に残留洗剤があったのかと思う。
これで、怪獣くんにアレルギーを起こす物質は、我が家からはほぼ消えたかな〜。

------------------------------
【クエン酸柔軟剤レシピ】1回の使用容量は小匙2程度
水:500ml
クエン酸:大匙7
グリセリン:大匙1(冬は2)
(お好みの精油:10〜20滴)
------------------------------

私の柔軟剤はこんな感じにしました。
妊娠してから匂いに敏感になりすぎている節があるので、今のところ無香料にしています。
出産後にもしかしたら香り付きにするかもしれませんが。


それと!もういっちょ見直した部分。

130612-2.jpg


布おむつを扱うようになってから、アンモニアのせいなのか何なのか手荒れが悪化。
その後、キッチンソープなるものを手作りし、食器洗いにも石鹸を使うようにし始めたのですが、色々改良を重ねケースの中で石鹸を固めて作るようにして、コーヒーのインフューズドオイルからハーブのミントにして除菌・消臭を狙った石鹸に変更しました。
ココナッツオイルを30%も使って泡立ちをよくしたので若干手荒れに繋がるんですが、普通の洗剤だと1日使用しただけで今の時期だろうと一気に荒れてしまう私の手も、この石鹸なら大丈夫^^v

ミントの香りも十分残っているので効能もバッチリ残っているはず(なにせ素人仕事なもので・笑)。
色も綺麗な緑になって、見た目も爽やか♪

手作りってこうやって自分用にカスタマイズできるのが良いですよね。
アクリルたわしとの相性も抜群で、ケースの中でこすりながら泡立てるので、スポンジよりやりやすいです。
アクリルたわしにしてから、ガラスのコップ、湯のみなど一回も漂白してないのに茶渋ゼロ。
しかも丈夫で長持ちだし、洗濯しやすく乾かしやすく、ほんとコレ作ってよかったわ〜。

キッチンソープの役割とは別に、ハンドソープも兼ねています。

130612-3.jpg

なので、こんな型抜きで遊んでみたりして(笑)
姪っ子には好評で!やっぱこういう時女の子は反応がいいよね!


そんな感じでちょこっと変化があった石鹸ライフのご紹介でした。
アレルギーのこと | comments(8) | trackbacks(0)

不器用さんのなんちゃってオリジナルTシャツ作り

130610-2.jpg

先日の楽天スーパーセールで、怪獣くん用に無地のTシャツを3枚ほど購入しました。
洗い替え、着替え用が大量に欲しい夏なので、なるべく安いのがいいなぁって思ってたんですけど、なんとこちらのTシャツは【1枚440円でレビュー書くと送料無料Tシャツ】とのことだったので、試しにポチってみました。

まだ1度しか洗濯してないですけど、中々しっかりした生地で、結構満足いく商品でした。
ちょっと肩幅が大きめなので、怪獣くんは肩パットがアレな人みたいに少し見えますが(笑)、まぁ来年もいけるだろうしよいでしょう。

ただ、私個人の趣味は、ブログでの怪獣くんの洋服を見て分かる通り、何気に派手好き。
男の子は歳をとれば取るほど、大人しめな格好なってしまうものなので、今の時期だけでいいからカラフルな格好をいっぱいさせてあげたいなと思っているので、無地のTシャツのままじゃちょっとヤダなぁっと。

だからといって、編み物は好きだけど、布系のお裁縫は少々苦手なので、そこまでアレンジできないし・・・。
なーーんて思ってたんですけど、現代の日本にはアイロンひとつで手軽にできちゃうアレンジが!
そうです、アイロンワッペンです♪
今時のワッペンは本当にすごいですね〜、種類も豊富すぎてビックリです。
ワッペンはこちらで購入しました。

散々迷ったんだけど、とりあえず物は試しにと怪獣くんがこの世の電車の中で一番大好きで唯一しゃべれる「けいきゅ!(京浜急行電鉄)」のワッペンを貼ることにしました。


とりあえず2枚。
130610-3.jpg

130610-4.jpg


最初、紺色のを作ったんだけど、胸元につけてしまったために怪獣くんが着せると「見えなーい!」と引っ張って無理矢理見ようとするので、ピンクのほうは腰に貼り付けることにしました(笑)

京急のTシャツとか一応ブランド?商品になるので2000円とかしちゃって何気に高いんですよね。
しかもあまりデザインもよろしくないし・・・(笑)
これならTシャツとワッペン合わせて1000円以下でできてしまうので、リーズナブル!
しかも怪獣くん大喜びだったので、作った甲斐がありました。
ワッペンが剥がれてしまうと悲しいので貼り付けた後縫い付けました。
その手間をかけても30分くらいでできちゃうので、超楽チンです♪

まぁ、本当はワッペン貼るだけじゃなくて、布とか使ってもうちょっとアレンジできたら最高なんだけど・・・。
まだ水色のTシャツをどうするか決めてないし、別アレンジについてはまた後日考えたいと思います。
こんなことなら子供産まれる前に裁縫習いに行っておけばよかったなぁ。
子供のためなら創作意欲が湧くってなんでなんだろうね、本当に不思議。



ハンドメイド(子供服) | comments(2) | trackbacks(0)

素人がおすすめする手作り石鹸グッズ

130517.jpg

私の周りでもチラホラと石鹸作りに興味が湧いている方がいて、
大体の方に聞かれる、手作り石鹸作りのキット。
本日は、超ど素人の私がおすすめする石鹸グッズの紹介です(笑)
(まぁ、実際やってみて〜・・・って人の身近な経験談は私も意外と役立つしネ)


<自分が持っててor買ってよかったなと思ったグッズ>

1.泡だて器

最初は普通の泡だて器を使っていたのですが、ついうっかりハネちゃうこともあって(やけどの原因)、
そんな時にレビューがかなりよかったので購入。
混ぜやすいし、何よりもハネにくいのが非常に助かります♪

2.苛性ソーダを混ぜる容器(耐熱プラスチック容器)

最初は前田京子さんの本の通り、ジャム瓶のフタに穴開けて〜ってやってたんですけど、
こっちのほうが断然やりやすいです!
糸状に少しずつ足す・・・と説明書にはありますが、私はウドンくらいの太さで混ぜてしまってます(笑)
きちんとかき混ぜればokだと思うので全然無問題・・・のはず。

3.アクリルモールド(石鹸の型)/ソープカッター/カッター台
>

最初は牛乳パックを使っていたのですが、私牛乳を全然買わないし、わざわざ石鹸作るために
ジュースを紙パックで買ってきてたりで・・・うん?って感じだったので、
何度か石鹸作ってみて、継続できそうだと判断した時に買いました。
ついでに思い切って、カッター台とソープカッターもポチ。
すごい使いやすいし、すごく綺麗にできるので買って正解でした♪


4.そのほか
ボールとかは、インフューズドオイルやクレイを混ぜたりをよくするので、
色合いを見る為にガラスのボールを使用しています。
これは料理にも併用しているボールです。

基本的に石鹸作りオンリーで使用しているものは、泡だて器、ヘラ、温度計など、混ぜる側のグッズのみ。
ボール、湯煎用の鍋などは全て料理のグッズとの併用です。
別々に分けている人も多いようですが、私は1ヶ月に1,2度作るくらいなので、さすがにもったいないな〜と。

あとはちょっと使い勝手は悪くても、100円ショップを利用したりしてます(ヘラとか)。

私は最初にホームセンターでちょこちょこ揃えてしまったのですが、あとからカフェドサボンの存在を知り、
ここで全部買っておけばよかったとすごく後悔した(笑)

まぁ、ひとつずつ買い揃えていくのも楽しいんだけどね。
まだ揃えてない方は、ホームセンターでちくちく揃えるよりこちらをオススメします♪

てな感じが、ど素人がおすすめする石鹸作りキットのご紹介でした〜。



**--------**

おまけ

先日お昼ご飯を一緒に食べようと、ばぁば宅前の広場にて




130517-3.jpg

甥っ子のお下がりのアンパンマンのぶーぶを文字通り「ぶーぶー」と言いながら運転。
おうちにも常備してあるけど、何気に外で運転するの初だわ〜。
って思いながら見てたら5分もしないで飽きました(笑)
もうちょっと月齢低めのときのほうが楽しめたのかな?それとも暑かったからかな?



手作りコスメ・石鹸 | comments(0) | trackbacks(0)

カモミールのインフューズドオイル

130514-2.jpg

今年も実家のお庭はカモミールで満開になりました♪
この時期の実家は、カモミールやその他母が育てている花が満開をむかえ、
山からはウグイスの鳴き声が聞こえ、居間にいてもカモミールの香りに包まれて、
それはそれは幸せな気分にさせてくれます。

プランターでハーブを育てるのは結構難しいのですが、実家ではほぼ放置でこの咲き様。
見るたびに大地の恵とは素晴らしいものだなと、感動してしまいます。

久しく都会生活を送っていると、この環境がいかに恵まれたものだったのかを痛感します。
ただ、マイナスイオンが多すぎるせいか、自宅に戻ってくるとどっと疲れちゃうんですけどね(笑)


130514-3.jpg

そんなカモミールを摘み摘み。
今年は色々バタバタしていて中々お庭に出る暇がなく、
やっと庭に出れたと思ったら怪獣くんが公園までの道を覚えてしまったので
脱走して摘めなかったりで・・・(笑)

母と姉の旦那様にも協力して摘んでもらいました。
今年はこれをインフューズドオイルにしてみることにします♪
(ちなみに去年は、カモミールでフローラルウォータを作っています)



<カモミールのインフューズドオイルの作り方>

130514-6.jpg


<材料>
・ドライハーブ
・お好みのオイル
・無水エタノール
オイルの量に対して10%程度のハーブを漬け込む(ドライハーブ10gの場合、オイルは100g)

おなじみのレンチン法でドライハーブにして、それをブレンダーで粉状に。
そこに、無水アルコールを湿らせる程度に加えて(全体がアルコールで湿ればok)、一晩放置。
アルコールと馴染んだところでよくかき混ぜながらオイルを加えて、2,3日放置。
ガーゼで漉して湯煎で50℃でぐるぐるかき回しながら30分。
その後80℃まで一気にあげて10分、でアルコールを飛ばして完成。
※人によって、温度の保ち方が違うようですが、何度か試して自分はこの方法に落ち着きました。
※80℃まで上げるので、酸化しにくいオイルが◎



130514-5.jpg

今年は去年通ったハーブ講座の知識を生かし、カモミールの花のみを摘んでドライハーブにしました。
ハーブにオイルを注いだ段階では茶褐色だったので、茶色いオイルと思いきや、
漉してみたら結構綺麗なグリーンの発色。
少し美容液用にして、後は全て石鹸にしたいと思っています♪

最近は精油を全く加えず無香料で作っているのですが、インフューズドオイルで作ると
仄かに香ってくれるので今回の石鹸はどうかなー?と今から楽しみ。

妊娠してからも体調が良い時を見計らってちょこちょことは石鹸作りしていたので、
今度その石鹸たちも披露しますね!


**--------**

おまけ

カモミールの香りで自宅が満たされて幸せを感じている母の前で




130514-4.jpg

怪獣くんは今日も変わらず自分磨きに精を出しているのでした(笑)

手作りコスメ・石鹸 | comments(0) | trackbacks(0)

怪獣くんの化学物質過敏症(皮膚炎)の対策。

130124-3.jpg


前回の記事でお話したとおり、怪獣くんは洗剤などの化学物質に肌が反応してしまうアレルギー持ちです。

少し触れた程度くらいならほとんど問題ないのですが、
洗剤で掃除した場所に長時間いる(たとえば児童館、キッズの室内遊び施設など)と、
足が少し腫れたようにふくらみ、瞼が赤くなって粉を吹いたようになり目がしぱしぱしてきます。

また、その場で症状が出なくても、帰宅後30分後や眠くなって温度が高くなった状態になってからなど、
後付で、顔・足・脚・手・首などに蕁麻疹が現れることもあります。

あと、鼻水が出たり、泣いてしまって顔がぐちゃぐちゃになったりして、
親切心でタオルなどで顔を拭いてくださる方とかがいた場合、
その後すぐに顔に真っ赤な湿疹が出てしまうことも・・・。
そういう方はしょっちゅうそういう対応をしているので、行動に移すまでも素早くて、
静止できる時間もなく、断りづらくもあり、すごく困ってしまう(涙)

蕁麻疹のような湿疹が一度出てしまうと、痒みを伴うため掻いてしまい、
その手で全身を触れるせいか、全身に広がってしまうこともしばしば。

できるだけ、痒みを伴う蕁麻疹になることだけは避けたいので、我が家では下記の対処法をしています。


<<対処法>>
【基本】
・洗濯洗剤を石鹸洗剤とアルカリウォッシュに変える(現在はミヨシの洗濯石鹸・無香料を使用)
・ボディーソープ、シャンプーを手作り石鹸に変える。
・掃除用の洗剤を重曹・アルカリウォッシュ・クエン酸・水拭きアクリルたわしに変える。
・ファブリーズなどの除菌スプレーを手作りアルコールスプレー・ローズマリー消臭スプレーに変える。
・お風呂の温度は冬39度、夏38度まで(熱過ぎると乾燥を助長するので、望ましくない)
・お風呂あがりは化粧水+保湿剤(乳化剤抜きの手作り)を塗り、保湿を心がける。
・外出前も、シアバター入りの保湿剤を保護の役目で塗る

【外出編】
・手洗いが必要な場合は、水で洗い流しアルコール消毒する(ハンドソープは使わない)
・靴下を脱ぐような施設では、再度靴下を履く前にウェットティッシュなどで拭いてから履かせる
・ハンドタオルを多めに持参し、誰かに拭かれてしまう事態をなるべく防ぐため、
 どんだけ綺麗好き?と思われてもいいから鼻水がひどいときなどは特にコマめに拭く
・小児科で出してもらってる、アレルギーが出たときようのステロイド剤は忘れずに持参。
・長時間滞在が決まっているときなどは、ひざ掛け持参(とっさの毛布代わりにもなるので)
・室内施設で遊ぶ場合は、なるべく袖口・足首が締まっている洋服を着させる。

【旅行編】
シーツと上布団(毛布など)を持参。
バスタオル・ハンドタオルなどを持参。
足首・袖口・なるべく襟元が締まっている寝巻きを着させる。
添い寝する親のパジャマも持参(前回忘れて、すごい寒いのに肌着で寝るハメになった・涙)

【外出から帰宅編】
・とりあえず、すぐに濡れたタオルで出ていた箇所を拭く
・帰宅した頃合が蕁麻疹の出る時間帯でもあるので、万が一出ている場合はステロイド剤を該当箇所に塗る
・その日は必ずお風呂で念入りに洗い流す

130126.jpg

これは児童館に行った時の格好ですが、なるべくタイツやこういった足首が締まっている物を選んでいます。
男の子なので、タイツ+かぼちゃパンツみたいな格好は、段々できなくなってくると思いますが(笑)
この格好をするようになってから、毎回ふくらはぎにできていたガサガサがなくなりました。

基本は、なるべく化学物質から避けるために、保湿剤なども全て手作りで用意して対処しています。
(乳化剤にあたってしまうことがあるので)
今まで、そういう物にあたる人がいなかったので全く意識して過ごしていなかったので、
怪獣くんが過敏症だと知ったあとでもファブリーズを多様していたりと結構失敗しています。
ファブリーズをやめることによって、今まで背中やお尻に吹いていた粉がなくなったので、
我が家の化学物質系はほぼ排除できたのではないかと思っています。

ただし、トイレブラシと、トイレクイックルの1回で使い捨てできる掃除グッズの使用だけは
どうしても他のものの代用が見つからないので、現在はまだそれを使用しています。
本格的にトイレに行き始めるにはまだかかると思うので、それまでには対処法を考えなくては。
やはりトイレは毎日掃除したいし、気分的に雑巾を洗って毎日使うのはいやだなぁと思ってしまう。


こんなに変えなくちゃいけなくて大変だ!っと思う人もいるかもしれませんが、
なんとなく気づいてから1年半かけて徐々に以降してきたので、実は全然苦労していません。
まぁ、何度も痒い思いをさせてしまったので、その辺は反省ですが。

「そんなに過敏にならなくても・・・免疫作りのためにも少しは・・・?」と思うかもしれませんが、
時に自分も気を抜いて、ほんとちょっとだけ触れてしまった・・・といったあとに、
手の甲にブツブツと赤い蕁麻疹ができ、それを掻いてしまったために顔と首に移り、
と、散々な目にあったことも少なくありません。
つい2週間程度前のことだったので、過敏になりすぎていても、
このご時勢ですので触れる機会はいっぱいあるので、
本当にちょっとずつ免疫を作っていける程度で今はいいかなって思っています。
最近開始された、食べ物アレルギーの、毒を盛って毒を制すと同じ方法だよね。


自分も、我が子も、怪獣くんと同じ症状かも・・・もしかしたら?と思ったら、
ボディーソープを石鹸に、お風呂の温度を39度以下に、だけでも変えてみることをおすすめします。
乾燥肌がひどい人も、これだけ変えると症状が軽くなったりもしますよ♪


過去記事抜粋
初の石鹸作り:怪獣くんに触れる親だって石鹸に変えなくちゃね。
人参石鹸と椿油のシャンプーバー:ついにはシャンプーもやめて石鹸に切り替えました。
新作石鹸4種:台所用の洗剤も石鹸に切替ました。

おヒザ寝子(ネコ)のお相手中にアクリルたわし:フローリングワイパーをやめてアクリルたわしに変更。
敏感肌な我が子の保湿アイテム:手作り化粧水と保湿クリーム。外出前の保護クリームとしても使用。
手作り掃除用スプレー・殺菌&消臭スプレー:合成洗剤ゼロの生活を目指して、掃除関連のスプレーも自作で。

過去記事によくでてくるお友達のショップのご紹介。
お友達の石鹸屋さんのご紹介
怪獣くんは私の手作りコスメのほかに、サヴォナリーミカの手作り石鹸&コスメを使用しています。
こちらの石鹸を使い始めてから、まず乾燥肌が激的に改善しました。
残念ながら(?)フランスが拠点なので、即納などの要望には応えられないですが、
ひとつひとつしっかり丁寧に作られていて、納得いく素材しか使用していないので、
怪獣くんのような過敏な肌をもつ人には、安心して使える数少ないショップです。

怪獣くんの使用アイテム:
Savon'd Alice(サヴォン・ダリス):ベビーソープ
Crème Hydratante Bio:カモミールの保湿クリーム

カモミールの保湿クリームを使用している際は、化粧水の使用はしていません。
ちょっとした炎症程度ならこれを塗れば完治します♪
アレルギーのこと | comments(0) | trackbacks(0)
ポインタ