箱ティッシュの携帯ティッシュケース

161019-2.jpg
パターン:ぎんがむちっく / 携帯用ティッシュケース
生地:ブロード生地(くまのかくれんぼ)
   手作り工房 MY mama / 北欧テイストカットクロスセットより

兄弟どちらかが鼻水を垂らすと、やはり相方も鼻水を垂らすようになるので、ポケットティッシュだとどうにも足りず、いつも2,3個カバンに入れるハメになるので、どうにかならないかなぁ〜と思いつつネットサーフィンしてたら見つけた型紙です♡

水筒をひっくりかえして大惨事の時、どうしてそんなに顔を汚してご飯食べるのとか、外でティッシュが必要なシチュエーションが我が家はあまりにも多すぎるので大助かり。
あとポケットティッスより素早く引き出せるのも地味にポイント高い。
ギャーウワー!で素早く出したい時ってほんと多いから(笑)


161019-4.jpg

これは二つ折りになって、コンパクトにして携帯できるのです。
赤ちゃんとかだと引き出す遊びしちゃうので、そのイタズラ防止にもなるよね。
もっと前から知っておきたかった!

これでカバンが超すっきりした〜〜〜。
これにゴミ箱付けたら、さらに楽になるかなぁ、それともゴミ箱ポーチとして別に作るか。
小物作り、いよいよ楽しくなってきた♡

お気に入りのかくれくまさんの生地、これで最後。
はぁ・・・この生地本当に本当に可愛いわ。


161019.jpg

こういう便利なものを作ると、さっそく仲良しの人にも教えたくなるので、予め量産(笑)
子供生まれたばっかの人や、これから出産予定の人にあげよーっと♪


161019-3.jpg

今回は、どれもママが使うこと限定なので、可愛い生地にレースを付けたよ。
うふふふ。

芸術の秋ですな!
寝ないで困ってた次男坊が、最近きちんと寝てくれるようになったので、夜の時間の確保が取りやすくなり、ウキウキな夜を過ごしております。
次は何作ろうかな〜!
ハンドメイド(小物) | comments(0) | trackbacks(0)

怪獣家のルール

161021.jpg

家庭によって色々とお約束事があると思いますが、我が家では”3歳になったら夕飯だけは何時間かかっても必ず完食すること”と言うルールがあります。

何でそうなったかって、3歳当時の怪獣君の偏食があまりにもすごかったからです。
当時積極的に食べられたものって、「白米・納豆・ミニトマト・フライドポテト」。
それ以外の物は、口に入れると味わいもせずえずくぐらい、見た目・食わず嫌い王でした。
だってミニトマトは大好きなのに、大きいトマトは食べれないとか(しかも同じ味なのに吐き出すほどだよ 苦笑)。
自分が認めた物以外食べないというのか、ほんとヒドかった。

そんな無理に食べさせなくても・・・と言われたこともあります。
放っておいたら2時間かかったこともあります。
無理に食べさせている間は、ご飯が楽しい時間じゃないこともあってお互い辛い思いをした時期もありました。

何度も私が挫けそうになりましたが、もうすぐ6歳の怪獣君、今ではどうしても食べられない物も自分で申告でき、それ以外は完食できるようになりました!
ほんと、長かった・・・、辛かった。

怪獣君が今どうしても食べれない物は「マヨネーズ系、あとマヨネーズのような感触の物、例えばクリームシチューとか、クラムチャウダーとか、ナス、刺身系」くらいかな〜。
割と食べられない子が多い生野菜は大好物なので、野菜で苦労することはなく、その点は楽でした。
あ、ちなみに夏にマスの掴み取り&炭焼き経験してから焼き魚が大好物に。
きっと野菜の収穫とかしたらもっと色々積極的に摂取してくれそうな気がするけど、都会の環境だと厳しいなぁ。

試行錯誤の結果、我が家は今んとこワンプレート食にしてます。
お子様ランチのお皿みたいなのに入れたり、上みたいな大皿に全部盛り付けたり。
小皿で出すより、どんどんお皿の中身が減るほうがやる気になるようで、なぜかそのほうが食べるのが早いのに途中で気が付いて。

さて、そんなこんなで、2歳くらいから同じく偏食が始まった恐竜君。
もちろん3歳と同時に同じルールが始まりました。
最初の一週間は泣きながらの酷い物でしたが、その後はスルリと完食できるようになりました。

やっぱお兄ちゃん見てるからだなー。
怪獣君はなんだかんだ言って、年中の途中までは放っておけば1時間以上かかることなんてザラだったもの。

でも面白いのは、恐竜君は生野菜苦手(好きなのは根野菜)なんですが、なんでもマヨネーズつければ食べられること(笑)
兄弟で全然味覚が違うんだな〜と。
恐竜君が食べれないものは、焼きそばに入ってれば平気なんだけど、味噌汁などにはいった(茹でた?)モヤシ。
赤ちゃん時はモヤシばっか食べてたんだけど、どうしても食べれなくなってしまった。

これでやっとご飯の時間が楽しくなるなーなんて思ってたんだけど、次はテーブルマナーですね・・・。
完食が目標だったので、他はあまりうるさいこと言わないでいたら、こぼすわこぼすわ。
姿勢もどんどん悪くなるし。

自分もお母さんにご飯食べてる時散々言われて「美味しいご飯なのに・・・。」と苦い思いしながら食べてた思い出が急に蘇ってきたわ。
どう注意すれば、不快な思いしないで学べるかな〜。
でもご飯の食べ方って、周りの食欲にも影響するから、小学校前までにはある程度のテーブルマナーは身に付けさせたいところ。

一つクリアでまた一つの難題。
ファイトー。
子供の徒然 | comments(0) | trackbacks(0)

ずっと作りたかったジーパンのリメイクバック

161018.jpg
パターン:amie poche / ギャザーポーチ(アレンジ)
生地:オットの穴の開いたジーパン
   生地通販のマルイシ / 裏布に使用
副資材:手芸レースのフェアリーレース /
    マグネットホック14&18mm本革ショルダーナスカン、Dカン付き持ち手

ずーーーっと作ってみたかった、ジーパンのリメイク。
お尻の部分に穴が開くとさすがに修復不能なので捨てるしかないのですが、ジーパンの使い込んだ風合い、すっごい好きでいつも捨てるのもったいないな〜と思ってたんですよね。

お針事を始めるようになってからは、そんな思いからいつかいつかと思いながらついジーパンだけは捨てずにとっておいてたのです。

でも、子供服作るのに一生懸命でなかなか手が回らず、3年経った今ようやく洋服熱にひと段落して小物に興味がわいてきたので、思い切ってジーパンにハサミを入れてみました!


161018-2.jpg


amie pocheさんの型紙では、糸&ボタン仕様なのですが、私は差し込みのマグネットホックにしてみました。
子持ちはパタパタカバンをあけるので、このほうが使い勝手がいいかなって思って。
初めて使ってみましたけど、これは色々使えそうなホックですね〜。

ただ、防犯の意味ではちょいとアレなんで、混雑するようなシチュエーションの時には使えなそうですが。
うーん、いよいよファスナーの練習をするか!


161018-3.jpg

中は、ジーパンの特性を生かして、もちろん後ろポケットの部分を内側にして、内ポケットを追加。見えてませんが、仕様でもう一つ裏布のところに内ポケットついてます。
オットのジーパンを使ったのでお尻が大きく、残念ながらジーパンの後ろポケットは1つしか使えませんでしたが(笑)


161018-4.jpg



本当はこれポーチ仕様なんですが、こういう形のポーチが欲しかったので、特大と大のポーチに持ち手をつけてみました。
Dカン部分に接続する布、特大のほうは革タグを切って、大のほうはベルト通し穴の生地を使ってみました。

今回は色々頭を使って、我ながら力作。
思った通りにできてすごい満足♡

この新品なのにクタクタな感じがたまらない。
切り方一つでデザインが大幅に変わるのも魅力ですよね〜。
まさにオリジナル!って感じ。
次に作る時はトートバックの形で作りたいなぁ。
ハンドメイド(小物) | comments(0) | trackbacks(0)

ベタインで、化粧水作り

161011.jpg

++++++++++++++++++
■手作り 化粧水のレシピ
++++++++++++++++++

・精製水:90ml
ベタイン:5g(目標は3g程度)
ヒアルロン酸粉末:耳かき3杯
ハトムギエキス:1ml
ヘキサンジンオール:2ml

消毒したボトル(100ml用)に精製水を入れる
全材料を投入後キャップを閉め、ふりふり。


※容器等すべて消毒しておくこと。
※参考までに、自分が購入してるショップのリンクを貼っています。
※グリセリンのレシピはこちら。
※冷蔵庫で完全保存の場合はヘキサンジンオールはいらない

・・・・・・・・・・・・・・・



科学の力の化粧品類からALL手作り品に替える最後の壁は保湿剤でした。
グリセリン、やっぱこれが無いと保湿力が大幅に足りず、ガッサガサ。
なので、グリセリンはぎりぎりまで使用して、4年かけて肌が落ち着いた今ようやくベタインに替えました。
私の肌がよっぽど荒れ荒れだったためなのですぐに移行できる人はできると思うのですが。

グリセリンがダメな訳でなくて、グリセリンを使うと肌本来の潤う力が弱くなるらしいとのことで、私は段々と移行していきたいな〜と思って。

替えてみた結果、全く問題なし!だったー!とはやはり言えず。
今まで化粧水だけで大丈夫だったところ、クリームをきちんと塗らないと微妙に乾燥が。
最終的にはベタインの量ももう少し減らしたいので、慣らしていきたいなと思います。

今年の冬をこれで乗り切れれば、きっと肌トラブルも格段に落ち着くだろう。
そしたら美白とかくすみとか、そういう部分的なところも考えていこうっと♪
手作りコスメ・石鹸 | comments(0) | trackbacks(0)

誕生日ケーキ2種類

161017.jpg

ちょっと前の物になりますが、次男、恐竜君の誕生日ケーキ。
今年もスポンジは私が、盛り付けは怪獣君が担当しました。
毎年イチゴを手に入れるのがすごい苦労するのですが、去年あたりから食べず嫌い王の怪獣君がフルーツならかなりの数を食べれるようになったので、イチゴにこだわらず「冷凍イチゴ、ミカンの缶詰、キウイ」の3種類でカラフルなケーキにしてみました。

私がなんとなく毎年作っているからなのか、怪獣君、3歳頃から興味を持ったケーキ作り。
今年は弟の誕生日をお知らせしたらすぐ「ケーキはぼくが作る!」と大張り切り。
今回はばぁば宅でやる予定だったので、どうしようかな〜と思っていたのだけど、ここまでやる気になってくれているのならと、ばぁば宅に出かける直前に作って大皿にラップかけて出かけました(笑)

そんでもって、前回自分のケーキを作っての経験を踏まえて、絞り袋はいらないとのことで、スプーンでクリームを塗ったあとにフルーツを散りばめるという、誰が教えたでもない自分なりのオリジナルの盛り付けを見せてくれました♪
前回の経験を踏まえてってところが、すごい成長を感じさせます♡


161017-2.jpg

そんでもって、10月はオットの誕生日。
〇6歳の誕生日(笑)

ショートケーキが苦手なので、チョコレートケーキ(ガトーショコラ風)。
混ぜて焼くだけ仕様なので、粉っぽくなりそうな部分だけ、少しお手伝いはしましたが、一から九まで怪獣君一人でやりました。

ちなみに初誕生日プレゼントも用意しました、イラストだけど。
自分からプレゼント作るって言って渡したの初めてじゃないかな?
年長って自分の意志がはっきりしてくるって言うか、本当にぐっと成長する歳なんだな〜。

私の誕生日もあるけれど、オットと怪獣君でケーキが作れるとは思えないので、きっと何もないのかな・・・ぜひあって欲しいけど(笑)


161017-3.jpg

ちなみに、恐竜君の誕生日の時にする壁画はこちら。
兄弟で同じ月齢を比べる恒例のやつ。
怪獣君の時は、歳の数字に写真を並べてます。

似てるけど似ていなくって、でも同じ頃に積み木を高く積む遊びにハマってたりと、割と趣味嗜好が似てるかな〜とか、恐竜君の印象が大きすぎるのか今の怪獣君のアクが強すぎるのか、恐竜君と同じ頃の怪獣君がサッパリ思い出せず、写真を見てあーあー言う感じでした。

親的にもいい思い出なので、思春期になっても恒例でやってたいな(笑)


161017-4.jpg

そうそ、聞いてくださいよ。
寒くなったら、日中だけ家でも洋服来てくれるようになりました(笑)
眠くなると身体が温かくなるせいなのか、夕方以降は裸になってしまいますけど。
大分進歩!

これで少しは室内での写真が増やせそうです。
ほんと、どの写真も怪獣君と写ってればアレだけど、季節感ゼロなんだもんね!
子供の徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
ポインタ